カリフォルニアではここ数年、ワインも食も大きな変化を見せている。 前編 に続き、ワインカントリーの“新しい風”を追いかけて、ナパ、ソノマを旅した。

 カリフォルニアワインの新たな風潮は食のシーンにも影響を及ぼし、「畑からテーブルへ」をモットーにした、地産地消のムーブメントもますます拡大中だ。ナパ・ヴァレーのヨントヴィル、ソノマのヒールズバーグなどの街中では、ちょっとしたカフェの料理が、素材が生きていて美味しいことに驚かされる。昨年末には開業前から全米で注目を浴びたオーベルジュ「シングルスレッド」がヒールズバーグに誕生。ワイナリー・ビジットやローカルな食など、多彩な魅力にあふれるナパ・ヴァレーとソノマは、今がまさに行きどきといえるだろう。

“今のソノマ”の魅力に出合えるオーベルジュ

 2016年12月にオープンし、わずか10カ月でミシュラン二つ星を獲得した「シングルスレッド」。日本の懐石料理にインスパイアされたシェフ、カイル・コノートンさんの美しい料理が多くの食通を魅了している。野菜は自ら栽培、鶏も育てて卵を採取するなど、素材は新鮮そのもの! 「端正さやおもてなしの心など、懐石料理の魂をもつカリフォルニア料理をつくりたい」とシェフ。カリフォルニアワインのバックヴィンテージも多く、スペシャルなマリアージュを楽しめる。

カンパチにサツマイモの赤酢をまとわせた「SASHIMI」。
デザートの「WAGASHI」。桑の実のガナッシュやデーツなど野生の果実を和菓子に見立てて。
カイルさんは9歳でお寿司に出合い日本料理に開眼。北海道「ミシェル・ブラス トーヤ」や京都「菊乃井」で腕を磨いた。
ナチュラルシックなダイニングルーム。自然を感じさせるフラワーアレンジが目をひく。

SingleThread
131 N St., Healdsburg, CA TEL+1-707-723-4646 www.singlethreadfarms.com

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
TOP-2

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02