ビューティにおけるリュクスとは何か? を模索する連載の第5回は、身をもって知った&証明した「筋トレ」の威力について。筋トレで「若返りホルモン」、本当に増えるのです!

 ここしばらく肌の不調、というか不安定な感じが続いていることは何度もお伝えしたとおり。あらゆるゆらぎ肌用コスメを試し、毎朝ヨクイニンを茹で、プラセンタや漢方にもトライして、やっとこさ平衡状態に。が、最近さらに眠りの不調という新たな問題が発生。んー、これってもしかして、その、あの、世間で言うところのアレか? ついに? 更年期ってやつ???

 例えば12時半に就寝するとしましょう。そうすると、きっかり2時間で一度目が覚めてしまうのです。もう、時計を見なくても「絶対2時半だよね」とわかるくらいの正確さ。で、枕元の目覚ましをまさぐると、やはりぴったり2時半。1時に寝たら3時、1時半なら3時半と、我ながらその律儀さに驚くばかり。

 まあそのまま、また朝まで眠るは眠るんですが、うつらうつらというか「あー、よく寝た!」の実感が得られないことおびただしく、もともと可能なら8時間は寝たいロングスリーパーだったので(ほうっておくと一生寝ている人種)、つらいのなんのって。このままではそのうちカラダを壊しちゃう……と、とりあえず「何が起きているのか」の検査に行くことにしたのでした。

 受けた検査は銀座 上符(うわぶ)メディカルクリニックの「総合ホルモンバランス検査」。

 採血により主要なホルモン値をチェック。それを2週間後にお成績表のかたちでいただける検査です。普通、血液検査というと、素人にはわかりにくいペラペラの細長い用紙?を見ながら先生が説明してくださるパターンが多いのですが、こちらはいにしえの通信簿さながらの5段階評価なので実にわかりやすい。