技術の粋を結集し、深い肌悩みにもこたえるパナソニックの美容家電の最高峰ライン、Panasonic Beauty PREMIUM。この連載では、Panasonic Beauty PREMIUMの5つの製品を実際に使用し、毎月1つずつ、体験レポートをしてきた。第6回は総集編として、編集部と読者それぞれが一番気に入ったアイテムと、その後に継続使用してきた結果を紹介。

etRouge編集長 麻生 綾が体感!「スチーマーのおかげでこの冬は乾燥知らずに」

[画像のクリックで拡大表示]

 2月半ば現在、モニターした中で一番のお気に入りはスチーマー(第1回:“夏枯れ肌”も集中保湿! パナソニックビューティの最高峰スチーマーのパワーを体感)である。これはもう、すっかり習慣化した感じ。なんせ、日中長い時間を過ごすオフィスが暑い(おじさん仕様?)&カラッカラなのだ。なので、せめて帰宅後はお疲れの肌にたっぷり水分補給をしてあげたい。そんなわけで2日に一度は、お風呂上がりの素肌目がけてスイッチオン!

 肌状態と気分に合わせて「クリア肌」「ハリ/弾力」「皮脂ケア」など、コースを使い分けができるのもよい。また何より、このスチームを当ててぼーっとしているだけの10分少々の時間が、オン・オフの切り替えにもなって貴重だ。肌的にも、この冬は理由あってスキンケアは美容液までで終了、クリームやオイルなどの使用を避けているのだが、今のところ乾燥に悩まされることはない。それはやはり、このスチーマーの定期的な使用のおかげではないだろうか。(etRouge編集長 麻生 綾)