今年、関東甲信越や四国では昨年の1.5倍、東北では1.9倍の飛散量と予想されているスギ花粉。すでに肌への影響を感じている人も多いのでは? これから本格的に飛来してくるPM2.5も含め、アレルギー物質から肌を守り、敏感肌をケアする2018年の最新製品を、使用感とともにレポートする。また昨年、花粉症を克服したNikkeiLUXE編集長 米川瑞穂が、オススメのアレルギー対策をコラムで紹介。

トウキ根、冬虫夏草、スイゼンジノリ……豊かな植物成分で、ゆらぎ肌を癒やす

ソヴァタージュ ケア セラム コンセントレ 20ml ¥5,000(4月16日発売)/インフィオレ

 ゆらぎ肌を自然成分でレスキューする美容液がインフィオレから登場。アレルギーや季節の変わり目などの外的要因だけでなく、女性ホルモンの働きやストレスなど内的要因にも敏感に反応してしまう敏感肌のために、生薬にも用いられる治癒効果に優れた植物成分をふんだんに配合している。肌のバリア機能を整えながら、内側からダメージを回復。ふっくらとなめらかな肌へと導く。

実際に試しました!

 コクのあるリッチなテクスチャーです。私は体調不良時は、何をつけても肌がピリピリするのですが、この美容液では感じませんでした! そして継続して使うと確実に肌が回復していることを実感。本当に調子が悪いときにはこれ1品に置き換えることもできるので、レスキューアイテムとして常備しておきたいと思いました。(編集部O)

知っているようで知らない、ゆらぎ肌対策-1
「“アレルゲン断食”で体内から浄化を!」

 敏感肌をどうにかしたいなら、アレルギーを誘発するといわれている成分を、とにかくガマンして食べない! のがオススメです。例えば、野菜ジュースやお菓子に使用されている人工着色料の黄色4号(タートラジン)や、防腐剤の安息香酸。また、オメガ6系の紅花油や植物油も、アレルギーを助長するプロスタグランジンD2を生成するので使用中止に。特にオメガ6系オイルが高温になると発生する、トランス脂肪酸の摂取は絶対に避けたいので、私はマーガリン、そして揚げ物全般もできる限り食べないようにしています。(編集長Y)

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
yuragi2_400

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02