すべての女性の胸を打つ、ヒロインの二度目の決断とは?

監督・脚本:ファティ・アキン 出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシットほか
4月14日(土)から全国にて公開
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
ファティ・アキン
1973年、ドイツ、ハンブルク生まれ。大学時代より映画を撮り始め、’98年に長編映画デビュー。偽装結婚から生まれる愛を情熱的に描いた『愛より強く』(04)でベルリン国際映画祭金熊賞、『そして私たちは愛に帰る』(07)でカンヌ国際映画祭脚本賞、『ソウル・キッチン』(09)でヴェネチア国際映画祭審査員特別賞をそれぞれ受賞。30代にして世界三大映画祭主要部門の受賞という快挙を達成。『女は二度決断する』では、カンヌ映画祭主演女優賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞など、数々の賞を獲得。

Photos:Akinobu Saito(Portrait) Interview & Text:Shiho Atsumi Edit:Kao Tani


関連記事