働く女性のファッションをアップデートする着こなしやアイテムを、編集部が提案する定例企画。街やリゾートなど幅広いシーンで使えるトレンドアイテムをテーマにした5月の最終回は、多彩なデザインで登場している「進化系エスパドリーユ」にフォーカス。ワーキングタイムにも合うコーディネートや、おすすめアイテムをご紹介。

[画像のクリックで拡大表示]

高級感のあるデザインならば、かっちりコーデとも好相性

 ジュートを編み込んだ縄を靴底にしているのが特徴の「エスパドリーユ」。アッパーはキャンバス地などカジュアルな素材が多く、形もシンプルなものが主流だったけれど、今シーズンはバリエーションが実に豊富。シューズもサンダルも、モードな表情をのぞかせるデザインへとアップデートしている。ジュートのナチュラル感がアクセントになった一足で、スタイリングに新しさを呼び込もう。

トレンドのフリンジを飾ったシューズと、同系色のアイテムでまとめたスタイリング。シックなテイストのコーディネートが、シューズの効果でぐっとモードな印象に。ブラウス¥18,000/プルミエ アロンディスモン TEL:03-6861-7658 パンツ¥38,000/バイ マレーネ ビルガー(バイ マレーネ ビルガー GINZA SIX TEL:03-6228-5959) バッグ(W32×H25.5×D13cm)¥326,000/ロジェ ヴィヴィエ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン TEL:0120-957-940) シューズ(ヒール2.5cm)¥71,000/トッズ(トッズ・ジャパン TEL:0120-102-578)
[画像のクリックで拡大表示]