夏のメイクの定番といえば、「サラッと涼しげ」か、「陽気でハッピー」なカラーメイク。でも今年は、もっと刺激的で大胆なメイクにチャレンジしてみたい。 前編に続き、“高温多湿”をテーマに、センシュアルで野生的な魅力を引き出すメイクを公開。

オレンジ、ブラウン、ボルドー、さまざまな赤で、熱帯の花になる。

[画像のクリックで拡大表示]

HOW TO MAKEUP

「熱を帯びたウェットなまなざしは、ディオールのアイパレットで。中央のオレンジを目の周り全体に広げ、右下のダークブラウンで上下のフレームラインを囲んで締めます。左上のゴールドを黒目の上と目頭にオンして立体感をプラス。さらにアイシャドウの上にアナスイの赤のグリッターを重ね、にじんだような濡れツヤを。

 チークはシャネルのフェイスパウダーを、目の下まで広めにのばし、上気したようなセンシュアルな雰囲気に。チークは頰骨の高いところからこめかみを通り、眉尻に向かうCカール状に塗ると、リフトアップ効果も狙えます。ゴールドピンクのハイライトをチークに重ね、頰骨と目の間にもオン。ダークプラムのリップは唇の中央にのせ、指でポンポン外側に広げてアウトラインをぼかせばソフトになります。オイルで鎖骨の上に光のツヤをサッと足して完成です」(メイクアップアーティスト 松井里加さん)