[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
PATEK PHILIPPE
アール・デコ様式に着想を得た繊細なカーブを描くフォルムが、手首にやさしく寄り添う。デイタイムのアクティブなファッションから華麗なイヴニングドレスまで、現代に生きる女性のあらゆるシーンの装いにマッチするデザイン。「トゥエンティ~4®」左、“タイムレス・ホワイト”(ケース縦30×横25.1mm、SS×ダイヤモンド、クォーツ)¥1,330,000 右、“パーフェクト・ブルー”(ケース縦30×横25.1mm、SS×ダイヤモンド、クォーツ)¥1,330,000/ともにパテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109)
[画像のクリックで拡大表示]
JAEGER-LECOULTRE
ポロの試合中の衝撃から保護するために開発された、反転式ケースの「レベルソ」。レディスモデルの新作は、1930年代モデルの復刻版。太陽光線を思わせる放射状のサンレイ仕上げのホワイトダイヤルに、スリムになったドーフィン針が映える。ダイヤルの反対面はプレーンなケースとなっており、イニシャルなどのエングレーヴィングが可能。「レベルソ・ワン」(ケース縦40.1×横20mm、SS×ダイヤモンド、クォーツ)¥695,000/ジャガー・ルクルト TEL:0120-79-1833)
[画像のクリックで拡大表示]
FRANCK MULLER
かつて貴族階級の人々が訪れる高級避寒地であり、名作映画『カサブランカ』の舞台にもなったモロッコの都市カサブランカがインスピレーション源。文字盤のビザン数字と針に施された夜光塗料は、月明かりしかない夜の砂漠をイメージしたもの。経年変化を楽しむために、文字盤にはあえてUV加工をしないというのもロマンティックな意匠。「カサブランカ レディース」(ケース縦35×横25mm、SS、クォーツ)¥640,000/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京 TEL:03-3549-1949)

Photo: Hiroki Watanabe  Styling: Kozue Onuma (eleven.) Text & Edit: Kao Tani

バックナンバー

デイリーに装う、名門ブランドのアイコンウォッチ〈前編〉