機能性とファッション性を同時に満たす時計があれば、忙しく働く女性にとってこれほど嬉しいことはない。2017年の新作から、一生寄り添ってくれるデザインをDAZZLE編集部がタイプ別に厳選。Vol.3はステンレス スティール ウォッチ(以下SSウォッチ)を紹介。

おしゃれ感を追求するなら、シャープな輝きを放つSSウォッチ

[画像のクリックで拡大表示]
80年代に誕生した伝説的レディスウォッチが復活。しなやかさを追求した5連のブレスレットが極上の装着感を実現。「パンテール ドゥ カルティエMM」時計(ケース縦37✕横27㎜、SS、SSブレスレット、クォーツ)¥472,500 「Cドゥ カルティエ 」イヤリング(WG✕ダイヤモンド)¥2,415,000 「Cドゥ カルティエ」ネックレス¥1,140,000「マイヨン パンテール ドゥ カルティエ」リング 人差し指(WG✕ダイヤモンド)¥862,500、薬指(WG✕ダイヤモンド)¥337,500 薬指に重ねづけしたエタニティリング¥567,500/すべてカルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757) シャツ¥25,000/アリクアム(ストラスブルゴ 0120-383-653)

 手首に感じる程よい重さ、洗練されたシャープなデザイン……。SSウォッチの魅力は、手元に圧倒的なモード感と存在感を与えてくれること。おしゃれななかにもキリッとしたユニセックスな表情を求めるなら、大ぶりのフェイスで太めのブレスレットを。モード感も欲しいけれど女性らしさも添えたいならば、ラウンドフェイスで細めのブレスタイプを。知性を感じさせたいならば、スクエアタイプが正解。

1975年に発表された名作の現代版。八角形のベゼル、ケースと一体をなすH形ブレスレットが象徴的。「ロレアート」(ケース径34㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、クォーツ)¥1,030,000/ジラール・ペルゴ(ソーウインドジャパン 03-5211-1791)
[画像のクリックで拡大表示]
ダイヤモンドをセットしたマザーオブパールの文字盤にさりげないクラスが漂う、都会派タイムピース。「クラシマ」(ケース径31㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、自動巻き)¥310,000/ボーム&メルシエ 03-4461-8083
[画像のクリックで拡大表示]
ブランド創業の地フィレンツェのシンボル、百合の紋章「ジリオ」の形をラグと6時&12時位置に表現。「ジリオ」(ケース径32㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、クォーツ)¥215,000/サルヴァトーレ・フェラガモ(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170)
[画像のクリックで拡大表示]
時代に流されないフェイスデザイン、ミニマルな機械式。「グランドセイコーSTGR205」(ケース径34.8㎜、SS、SSブレスレット、自動巻き)¥420,000/グランドセイコー専用フリーダイヤル 0120-302-617)
[画像のクリックで拡大表示]
抜群の着け心地を誇るシリーズに、海を思わせるディープブルーの文字盤の最新作が登場。「エベル ウェーブ レディ」(ケース径30㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、クォーツ)¥250,000/エベル(ムラキ 03-3273-0321)
[画像のクリックで拡大表示]
個性派スクエアケースと3連ブレスレットがシームレスに融合し、スタイリッシュカフウォッチに。「ラルフローレン867プティ」(ケース縦21.5✕横21.5㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、クォーツ)¥440,000/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800)
[画像のクリックで拡大表示]
スイス出身の天才時計技師が創立したマニュファクチュールブランド。創業20周年を記念して優美なトノー型モデルが登場。「カルパ ピッコラアニヴェルセール」(ケース縦29.5✕横24.5㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、クォーツ)¥1,110,000/パルミジャーニ・フルリエ(パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン 03-5413-5745)
[画像のクリックで拡大表示]
デイ&ナイト表示がダイヤル上を一周する、ロマンティックなメカニカル。「モンブラン ボエム デイ&ナイト」(ケース径30㎜、SS✕ダイヤモンド、SSブレスレット、自動巻き)¥407,000/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター 0120-39-4810)
[画像のクリックで拡大表示]

Photos:Hiroshi Kutomi(No.2/Model),Asa Sato(Cutout) Model:Vivien Pinter

バックナンバー