忙しく働く女性にとって不可欠なのが、機能性とファッション性を同時に発揮してくれる時計。2017年の新作から、一生寄り添ってくれそうなデザインをDAZZLE編集部が厳選。Vol.4は、ブランドのマスターピースといわれる定番シンプルウォッチを紹介。

洗練されたシンプルウォッチだからこそ、高い汎用性を実現

[画像のクリックで拡大表示]
ルイ・ヴィトン初の時計「タンブール」が誕生して15周年。ケースサイドにくぼみを持たせた新シェイプにアップデート。最大の魅力は、道具を用いずストラップの付け替えができる画期的な構造。写真のモノグラム ストラップをはじめ、ラバー、サテン、カーフレザーなど、30種類を超えるカラーや素材のバリエーションからセレクトできる。「タンブール ムーン スタークロノグラフ MM ブラン」時計(ケース径35㎜、SS、モノグラム ストラップ 、クォーツ)¥535,000 「ソートワール ブロッサムBB」ネックレス(PG✕ダイヤモンド✕マザーオブパール)¥1,680,000 「バーグ モノグラム イディール」3本セットのリング(YG・WG・PG✕ダイヤモンド)¥325,000 「ブラスレ モノグラム イディール」ブレスレット(WG✕ダイヤモンド)¥185,000 シャツ¥146,000/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854)

本当に使える腕時計の条件として欠かせないのが、どんな着こなしにも合わせやすいシンプルなデザイン。なかでも各ブランドのマスターピースとされるウォッチは、オン・オフを問わず使いまわせる汎用性の高さに加え、端正な印象を与えてくれる。無駄を極力削ぎ落とした潔さは、身につける女性の内面をも反映させる一本だ。自分らしさのスタンダードとして選びたい。

ジュエリーに匹敵する麗しい一本。上品でシンプルなマザーオブパールの文字盤の新ミューズ。「サクソニア」(ケース径35㎜、WG、アリゲーターストラップ、手巻き)¥1,880,000/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080
[画像のクリックで拡大表示]
IWCの傑作がコンテンポラリーに進化。優美なラウンドケースにムーンフェイズを搭載。「ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ36」(ケース径36㎜、RG、アリゲーターストラップ、自動巻き)¥1,850,000/IWC 0120-05-1868
[画像のクリックで拡大表示]
普遍的エレガンスが凝縮。「カラトラバ Ref.7122/200」(ケース径33㎜、WG✕ダイヤモンド、アリゲーターストラップ、手巻き)¥2,970,000/パテック フィリップ(パテック フィリップジャパンインフォメーションセンター 03-3255-8109)
[画像のクリックで拡大表示]
スリムなケースに高性能ムーブメントを搭載した本格派。「エリート レディ ムーンフェイズ」(ケース径33㎜、SS、アリゲーターストラップ、自動巻き)¥590,000/ゼニス(LVHMウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス 03-5524-6420)
[画像のクリックで拡大表示]
八角形のベゼルと六角形のビス、グランド・タペストリー模様を施したダイアルがブランドのDNAを物語る。「ロイヤル オーク・クォーツ」(ケース径33㎜、TI✕PT✕ダイヤモンド、TI✕PTブレスレット、クォーツ)¥3,100,000(予定価格、10月発売予定)/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)
[画像のクリックで拡大表示]
未来のアイコンとなる予感。ビーやハート、スターのインデックスがアイキャッチー。「G-タイムレスオートマティック」(ケース径38㎜、ライトイエローゴールドPVD、クロコダイルストラップ、自動巻き)¥215,000/グッチ(ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン 03-5766-2030)
[画像のクリックで拡大表示]
ブレゲの伝統が息づく正統派。純白の“グラン・フー”(高温焼成)エナメル文字盤にムーンフェイズ表示が際立つ。「クラシック ムーンフェイズ レディ9088」(ケース径30㎜、RG✕ダイヤモンド、アリゲーターストラップ、自動巻き)¥3,050,000/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211)
[画像のクリックで拡大表示]
揺れ動く幸運の四つ葉のモチーフとニュアンスあるマラカイト文字盤が特徴的。「チャームマラカイト ウォッチ」(ケース径32㎜、YG✕ダイヤモンド、アリゲーターストラップ、クォーツ)¥2,550,000/ヴァン クリーフ&アーペル(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 0120-10-1906)
[画像のクリックで拡大表示]

Photos:Hiroshi Kutomi(No.2/Model),Asa Sato(Cutout) Model:Vivien Pinter

バックナンバー