今回の「etRouge」の表紙のメイクアップを手掛けたのは、ジバンシイ メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターのニコラ・ドゥジェンヌ。大の日本好きとして知られ、日本文化にインスパイアされたメイクアイテムも数多く生み出している彼は、「日本人女性にはメイクで黒を取り入れてほしい」と語る。その理由と、メイクにかける思いについてのインタビューを公開。

“黒”で、女性はもっと自由に、綺麗になれる
[画像のクリックで拡大表示]

 ナチュラルでイノセントな美しさを表現した“白”、そして強さと官能性が溢れ出す“黒”――。メイクアップで、ひとりの女性がここまで生まれ変わることを証明したニコラ。今回のメイクでは、8月4日に発売されるオータム ウィンター コレクションの新製品もいち早く使用した。新作のテーマは「L’Autre noir(もうひとつの黒)」。“黒”から生まれる二面性、自分の中のフェミニニティを、メイクを通してぜひ再発見してほしい。

Photos: Hiroshi Kutomi(No.2/model)
Makeup: Nicolas Degennes
Hair: Dai Michishita
  Styling: Satoshi Hirota
Model: Ayumi Turnbull
Editor: Mizuho Yonekawa

パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]
TEL: 03-3264-3941