最近、美容好きの女性の間でも、エステティックサロンには行かず、美容家電を使って自分でケアをするというホームエステ派が増えている。背景にあるのは、美容家電の目覚ましい進化だ。この連載では、技術の粋を結集し、より深い肌悩みにもアプローチする美容家電の最高峰ライン、Panasonic Beauty PREMIUMの5つの製品を、毎月1つずつ、徹底紹介していく。第1回は、圧倒的な保湿力で未体験の潤いを感じる温冷スチーマー。

[画像のクリックで拡大表示]
今までの美容家電のイメージを変えた、黒が基調のシックなデザイン。スチーマー EH-XS10-K(黒)¥68,000/パナソニック

スチーマーでハリと弾力がアップ! 美肌が叶う5つの理由

1. 美容の基本の「き」、保湿を極められる

肌のさまざまな悩みに共通した原因のひとつにあげられるのが、肌の乾燥。だから肌の保湿は美肌づくりの第一歩であり、永遠の最重要課題といえる。このスチーマーの温スチームはナノサイズなので、粒子がとても細かく、角質層をしっかり潤いで満たしてくれる。

2. 「全方位トリプルスチーム」で集中保湿

[画像のクリックで拡大表示]

スチームの吹出口が3つあるので、従来のスチーマーよりも顔全体に広がり、目もとや口もと、そしてデコルテまでしっかりカバー。ナノサイズの温かいスチームが肌を包み込み、乾燥による小ジワの目立たない肌へと導く。

3. 穏やかに振動する「リズムかっさ」を使えばフェイスラインも美しく

[画像のクリックで拡大表示]

スチームを当てながら付属の「かっさ」を当てると、気になるたるみやむくみもすっきり。3種類のリズムから好みのものを選び、心地よい振動とともに肌の上にすべらせて、保湿しながらフェイスラインのケアもできる。

4. 冷たいミストで肌を引き締め、なりたい肌へ

温スチームで肌を潤いで満たしたら、冷たいミストで毛穴をキュッと引き締める。「クリア肌」「ハリ/弾力」「皮脂ケア」の3つの自動温冷コースが用意されているので、悩みやなりたい肌に合わせ効果的なケアができる。

5. インテリアに馴染むモダンなデザインだから、習慣化できる

「美容家電は棚の奥にしまったまま、いつの間にか使わなくなってしまった」という経験がある人も、このデザインなら話は別のはず。シックな部屋にも合うので、いつでも手の届くところに置いておき、ちょっとしたすき間時間に、本格的なエステケアを。もともと自宅でのケアは予約も不要だし、帰り道のために再びお化粧をする煩わしさもない。「続けられる」ことが美肌への近道なのだ。