モードの世界で常に私たちに喜びと驚きを与えてくれるロジェ ヴィヴィエ。憧れの靴としてリストアップする女性も多いはず。そんなパリのラグジュアリーアクセサリーメゾンがこの秋、メモリアルな新作を発表した。イヴ・サンローランのモンドリアンコレクションで披露した後、1967年に映画『昼顔』でヒロインを演じたカトリーヌ・ドヌーヴが履いたことで一世風靡した「ベル ヴィヴィエ」をオマージュしたシューズである。これに伴い、ロジェ ヴィヴィエのアンバサダーを務めるイネス・ド・ラ・フレサンジュが来日。新作の魅力や彼女自身のスタイルなどについて、語ってもらった。

ロジェ ヴィヴィエの靴はスタイルの幅を無限大にする

「ベル ヴィヴィエ」リミテッドエディションの発売に合わせて来日したイネス・ド・ラ・フレサンジュ。常に笑顔を絶やさない。

 映画『昼顔』が公開されて今年で50周年にあたることから、映画に登場した名作「ベル ヴィヴィエ」をモチーフにした日本限定のリミテッドエディションが登場。象徴的なバックル付きのデザインはイヴ・サンローランのモンドリアン・コレクションに合わせて手がけたのがはじまり。そういった背景を持つリミテッドエディションの靴をイネスはこう表現する。

「歴史を物語る素晴らしいひと足です。イヴ・サンローラン、モンドリアン、昼顔、カトリーヌ・ドヌーヴなど。この靴を一目見たらロジェ ヴィヴィエにまつわる重要なキーワードがたくさん浮かびます。特徴的なグラフィカルなデザインはパーティなどの華やかなシーンではもちろん、スーツに合わせたビジネスシーンでも働く女性の強い味方になると思います」

「ベル ヴィヴィエ」リミテッドエディション、全2型・各2色、日本限定モデル  中下・右¥93,000、左・中上¥96,000