ホイットニー美術館でデザイン画展も開催された、アートのようなプリント

[画像のクリックで拡大表示]

 当時、ジュリアーナが作ったドレスは、シンプルなジャージー素材のワンピースに、ブラウスや上着、スカートやベルトといったフルコーディネートをプリントしたもの。まるでTシャツのように楽な着心地でファッショナブルなドレスは、封建的な着こなしに一石を投じ、バカンスでの装いを変えたといわれる。

 一枚の布から生まれる「着る芸術品」と呼ばれたこのパネルドレスは、ファッション業界以外にも大きな反響を呼び、1980年にはニューヨークのホイットニー美術館でデザイン画展が行われた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ロベルタの頭文字の「R」を使ったブランドのロゴマークや、さまざまなテキスタイルに使用されているベルトのモチーフにもトロンプルイユの手法が使われており、ともに商標登録されている。

ブランドのヘリテージをいかした身近なラインナップ

ロベルタを代表するカラー、赤が印象的なレザートートは、有害物質を使用せず、環境にも配慮したエコレザー「トルナット」を使用。バッグ内側のストライプ柄の生地と、ゴールドのロゴプレートがデザインのポイントに。スマホ用ポケットもついて機能性抜群。モデーロロッソレザー(W32×H27×D13㎝)¥29,000/ロベルタ ディ カメリーノ(スタイル http://roberta.shop-pro.jp
[画像のクリックで拡大表示]
グラフィカルなパターンの上に、アストラカンの毛のようなプリントを重ねて、トロンプルイユ効果を出したバッグ。〈左〉ムービングストライプ ブルー(W27×H20×D8㎝)¥26,000、〈中〉ムービングストライプ レッドトリコロール(W29×H15×D9㎝)¥35,000、〈右〉ムービングストライプ グレー(W32×H25×D12㎝)¥28,000/すべてロベルタ ディ カメリーノ(スタイル http://roberta.shop-pro.jp
[画像のクリックで拡大表示]
トロンプルイユのベルトモチーフがロベルタらしい手袋。ブラック、グレー、レッド、ネイビー、ベージュの5色がラインナップ。毎年、人気を集めている手袋は種類も豊富で、ファー付きやリボンをあしらったもの、レザーグローブなど11デザインが揃う。¥4,000/すべてロベルタ ディ カメリーノ(ヨークス http://shop.yorks.co.jp/category/roberta
[画像のクリックで拡大表示]
イタリア語で「Amuleto(お守り)」と名付けられた時計は、文字盤にRロゴやバッグなどブランドを代表するモチーフをデザイン。華奢なデザインが女性らしさを演出してくれる。Amulet(ケース径24mm)¥19,000/ロベルタ ディ カメリーノ(大沢商会 http://www.josawa-watch.com/roberta-di-camerino
[画像のクリックで拡大表示]

期間限定のPOP-UPショップが新宿、町田でオープン。福岡三越では限定商品も

小田急百貨店 新宿店 本館3階=婦人服飾雑貨売場で10月4~17日、小田急百貨店 町田店1F=財布売場では11月1~14日、期間限定でロベルタ ディ カメリーノのバッグ&財布POP-UPショップがオープンする。また福岡三越=4階ハンドバッグ売場では、10月4~17日に福岡三越限定商品を発売。この機会にぜひチェックを。


[画像のクリックで拡大表示]

「ハンドバッグの日」キャンペーン実施中

 10月8日・9日は「ハンドバッグの日」。これにちなんで10月15日まで、日本ハンドバッグ協会のホームページのアンケートに答えるか、Instagramで日本ハンドバッグ協会をフォローし、「♯1089happybag」をつけて気分をあげてくれるバッグの写真を投稿すると、抽選で5万円の旅行券が10名様に当たるキャンペーンが開催中。


ロベルタ ディ カメリーノ

Photo:Tsuyoshi Ogawa Edit&Text:Mizuho Yonekawa

バックナンバー