日本のカルチャーからインスピレーションを得た、ニコラ・ジェスキエール率いるルイ・ヴィトンの2018年クルーズ・コレクション。バッグやアクセサリーには歌舞伎の隈取や、山本寛斎が手がけただるまなどのアイコンがデコレートされている。最高にアイキャッチーな日本へのラブレターだ。

日本を愛するニコラ・ジェスキエールが描く、伝統からモダニティへの進化。チェーンバッグのフラップ部分で圧倒的なインパクトを放つ、歌舞伎メイクのエッジィな眼差し。大胆極まるホットな視線に、ファッショニスタは誰も抗えない。バッグ「ポシェット・カブキ・マスク(W20✕H15✕D5cm)¥272,000(予定価格、9月29日発売予定)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
[画像のクリックで拡大表示]
新鮮なジャポニズムをフィーチャーした、ラグジュアリーをめぐるアヴァンギャルドな冒険。日本を代表するデザイナー、山本寛斎によるだるまや歌舞伎役者のプリントを施した“モノグラム”が、新たなレジェンドを刻む。バッグ「ツイストMM(W23✕H18✕D8㎝)¥433,000(予定価格、9月29日発売予定)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
[画像のクリックで拡大表示]