写真家・映画監督の蜷川実花が2017年春夏シーズンよりスタートさせたブランド「クロス エム/ミカ ニナガワ」。特徴である鮮やかな色彩の作品を、洋服としてまとう悦びを噛み締めたい。

アートとファッションの幸せな関係

(中)今季のテーマ「GLOSSY LADIES」を象徴するプリントのラップドレスは、ウエストベルトをほどき、ローブのうようにも着られる2WAY。キラキラ輝くプリントが華やかだ。ラップドレス¥43,000 (右)白味がかった桜の花を全身で。ノーカラー、七分袖もクラシカル。コート¥49,000 (左上・左下)蜷川作品の大胆かつ色彩豊かなプリントとコントラストを描くラビットファー。ツイストされたデザインなので、首を優しく包み、暖かい。ちらりと見えるプリントが、コーディネートの差し色に。ファースヌード各¥26,000/すべてクロス エム/ミカ ニナガワ(伊勢丹新宿店)

 美しく鮮やかな花々や点滅するネオンライト。蜷川の写真や映像作品でみられる、ヴィヴィッドな表現に惹かれる人も多いだろう。多数のファンを持つ彼女が次に手がけたのは、ファッションブランド。ドレスを日常に着るというユニークなコンセプト「Dress up everyday」を掲げた、「クロス エム/ミカ ニナガワ」だ。蜷川本人にブランドに込めた思いを聞いた。

「『Dress up everyday』というコンセプトは、特別な日ではなくても、おしゃれを楽しんでほしいという気持ちから生まれました。この服を着ることで、日常が少し特別な日になったらいいなと思っています。若い方だけではなく、大人の女性にこそ着ていただけたらとても嬉しいです」