決まり切ったメイクで毎日過ごす、なんてつまらない! メイクのトレンドが多様化している今、ファッション、気分、なりたい女性像によって、色々な顔をエンジョイしよう。今までのルーティンにとらわれない新鮮なメイクが楽しめる、最旬メイクアップアイテムを公開。

まつ毛とコントゥア、今シーズンの美人顔は「立体感」がポイント

 チークで頰の赤みを強調するのではなく、ベージュとハイライトカラーで立体感をつくるコントゥアメイクが、この秋冬のトレンド。コントゥアで、メリハリのある美人オーラを生み出したら、アイラインとマスカラで目もとに深みをプラス。前シーズンまで「重い」「老けて見える」と敬遠されがちだったアイラインも、この秋はレディライクなファッションの流れとも相まって大復活。進化したマスカラでまつ毛を美しく彩ったら、いつもよりシックな淑女メイクが完成する。

[画像のクリックで拡大表示]
〈上から時計回りに〉グリーンがかったブルーが目もとに怜悧さを加える。ブラックベースで色だけが目立ちすぎることなく、2種類の繊維で品のいいボリュームと長さをプラス。アトモスフェリックディフィニションマスカラ02¥4,000/THREE マスカラとまつ毛ケア用美容液が見事に合体。ワックス不使用で、つけている感のない軽やかさ。繊細にまつ毛をのばす。ラッシュCC01¥4,500/ヘレナルビンスタイン ゴールド、ブラウンとも肌の延長線上の色で溶け込み方がナチュラル。影色を入れると老けてしまいがちな、大人もこなせるコントゥア。カネボウヴァリアンブラッセ(コントゥア)1¥5,500/カネボウインターナショナルDiv.  ワインカラーのまつ毛で女っぽさ五割増し。まばたきするたびニュアンスがあふれ、色気がこぼれる。ラッシュリフターWN02¥3,000(限定発売中)/ケサランパサラン 極細の2.5mmブラシで、下まつ毛、目頭などの短い毛をすべてキャッチ。メイクの完成度をアップして。モテマスカラTECHNICAL3¥1,800/フローフシ スルリと引けて、太さもフォルムも思いのまま。深いブルーとメタリックな質感でラインだけでも目もとに存在感が。よれもにじみもなし。SHISEIDOインクストロークアイライナーBL603¥3,500/資生堂インターナショナル 30度にカーブした柄が手にフィットして、安定感抜群。細部までも描きやすい。SHISEIDOインクストロークアイライナーブラシ¥3,500/資生堂インターナショナル 4色や質感のバランスが考え抜かれたコンシーラー、ハイライト、チーク&リップがオールイン。3つのアイテムが調和しながら、肌上に光や色を添え、自然でありつつメリハリ感も。パレットエサンシエル150¥7,000/シャネル スティックをすべらせ、反対側のスポンジでなじませると即、肌と一体化。ハイライトとして使いたいこの色は、肌浮きしない絶妙な光沢。ベルベットマットファンデーションスティック6539¥5,400(10月20日発売)/ナーズジャパン