技術の粋を結集し、深い肌悩みにもこたえるパナソニックの美容家電の最高峰ライン、Panasonic Beauty PREMIUM。この連載では、Panasonic Beauty PREMIUMの5つの製品を実際に使用し、毎月1つずつ、体験レポートをしていく。第4回はイオンの力で透明感のある肌に導く、イオンエフェクターを徹底紹介。

イオンエフェクター EH-XT21 ¥40,000
[画像のクリックで拡大表示]

 師走のあわただしさの中、肌の疲れも蓄積しがちなこの季節。でも年末から年始にかけてのパーティや華やかな席に、老けた印象の肌で臨みたくはない。そんなときに心強いのが、古い角質や汚れを取り除き、いきいきと明るい肌に導くイオンエフェクターだ。たった1台で肌の汚れをクリアにし、保湿し、引き締めるイオンのパワーを、編集部が実際に継続使用した。

イオンの力で、今までにない透明感が!

「美白化粧品はいろいろ使ってきたけれど、あまり効果が感じられなかった」という声をよく聞く。その原因はひょっとすると、古い角質が取り切れていないことと、せっかくの美白成分がきちんと浸透していないことにあるかもしれない。

[画像のクリックで拡大表示]
イオンエフェクターの効果をさらに高める、オリジナルの美容液。コラーゲンとエラスチンの2つの保湿成分を低分子化することで、角質層への浸透をさらにアップ。イオンエフェクターの「ハリ・弾力コース」で使うと、潤いとハリ感に満ちた肌に。 ナノモイスト美容液 EX-4X11 50ml ¥8,000

 まず、通常の洗顔では落としきれない汚れをクリアにするのに役立つのが、イオン導出といわれる仕組みだ。実は肌の汚れには、プラスの電荷を帯びたものと、マイナスを帯びたものがある。イオンエフェクターの「スキンクリアモード」では、ヘッド部分の電極をプラスとマイナスに交互に切り替えることで、両方の汚れを吸着できる。スクラブやブラシでゴシゴシこするのではなく、電気の力でやさしく吸い取るので、「敏感肌なので角質ケアは心配」と諦めていた人にも、ぜひ試してほしい機能だ。こうしてクリアになるだけで、肌はつるんとした感触になり、ぐっと透明感が増す。また余分な角質を取り去ることで、ターンオーバーが促進される点も見逃せない。

 そしてスキンケア製品の成分を、電気の力で効果的に肌の角質層に届けるのが、イオン導入だ。微弱な電流を流すことで、手で塗っただけでは角質層に浸透しにくい美容成分や潤いが、なんと約1.7倍※1浸透するという。これはプラスからマイナスに向けて水が流れる「電気浸透流」の原理を利用したもので、この流れに乗って美容成分も移動し、化粧品の浸透力がアップするのだ。例えば「保湿モード」ではたった3分間、手持ちの化粧水や美容液の保湿成分を導入するだけで、内側からパンと張ったような潤いが感じられるようになる。

※1 パナソニック調べ。コットンにモデル化粧水を含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量は23.6μg/㎠、コットンにモデル化粧水を含ませて、手で塗布した場合の浸透量は13.9μg/㎠。前腕での比較。