ヒースロー空港のブリティッシュ・エアウェイズ専用ターミナル「T5」にあるファーストクラス専用のラウンジ「コンコルドルーム」は、2016年10月にイギリスの旅行雑誌『Business Traveller』主催の「Business Traveller Awards」で「Best Airport Lounge」を受賞。「ファースト・キャビン」=ファースト・クラスを選択することは、そのまま世界ナンバーワンを知る旅となる。

「ファースト・キャビン」体験は空の上だけに留まらず

[画像のクリックで拡大表示]
目の前に滑走路を眺める、明るく開放的な「コンコルドルーム」の一角。

 世界約80 カ国・190都市に広大なネットワークをもつブリティッシュ・エアウェイズが、ロンドンのヒースロー空港に専用の「T5」(Terminal 5)を開業したのは2008年。英国を筆頭に世界のメジャーブランドの大半を揃えたショップ約80店、飲食レストラン約40店がラインナップされたターミナルはハイセンスなショッピングモールとしての顔も備え、これまでとは明らかに一線を画したスタイリッシュな空港像を確立。パーソナルショッパーの事前予約サービスを導入するなど、イギリスを拠点とする航空サービスのリサーチ会社Skytraxによる「Skytrax World Airline Awards」で2016年まで5年連続、最優秀ターミナルに選出されている。

[画像のクリックで拡大表示]
窓の外の滑走路に行き交うのはブリティッシュ・エアウェイズの航空機のみ。専用ターミナルならではの光景。©Masahiro Ohashi

 そんな華やかな空港にあって、ファースト・キャビンの乗客だけがアクセスできる「コンコルドルーム」は、おそらくもっとも穏やかな時間を過ごせる場所。まずは小さなレセプションカウンターにチェックイン、続いてクリスタルのシャンデリアが輝くバーカウンター、半個室が連続した飲食スペース、その先にはワインセラーのあるドリンクコーナーがある。さらに奥には窓越しに滑走路を望む、T5の設計を担当したイギリスを代表する建築家でパリのポンピドゥー・センターも手がけたリチャード・ロジャース特有の、ジョイントの柱など構造体がむき出しのインダストリアルな空間が広がる。

[画像のクリックで拡大表示]
頭上にシャンデリアが煌めくバー。空港に駆け込んできたエグゼクティブたちの束の間、休息の場。 ©Masahiro Ohashi

至れり尽くせりのラウンジで、自分らしい時間を創造して過ごす

[画像のクリックで拡大表示]
写真奥は半個室が連なるプライベートブース。人目を気にせず食事をするための空間となっている。他に仕事に集中できる個室としてのビジネススイート、デイベッドとバスルームを完備したプライベートカバナも完備。©Masahiro Ohash

 たとえるなら、こぢんまりとした隠れ家的デザイナーズホテルのロビーフロアのような居心地のよさがあり、ファーストクラスの常連たちのリラックスした表情がうかがえる場所。そんな「コンコルドルーム」にはあえて少しの余裕をもって到着したい。フライト前にクールダウンの時間を確保するもよし、仕事を済ませるもよし。食事も流行のグルメバーガーや、多民族国家イギリスならではのインドカレー、イタリアンをベースにしたフルコース、英国が誇る紅茶などが充実。ブリティッシュ・エアウェイズ自慢のワインは、ファースト・キャビンで提供中のローラン・ペリエの最高級ヴィンテージ「グラン・シエクル」もオンリスト。レストラン目的に利用してもいいだろう。

 メニューを見て「何を頼もうかな」とふと漏らそうものなら、世界のVIPを知るスタッフに「あなたのお好きなものを」と笑顔でたしなめられる。根源的に望むものが明快な者だけが、自分らしい時間を創造できる場。空であれ地上であれ、それが「ファースト・キャビン」という特等席の醍醐味なのかもしれない。

[画像のクリックで拡大表示]
(左)イタリアンをベースにしたフルコースより。(右)機上でもサーブされるローラン・ペリエの最高級ヴィンテージ「グラン・シエクル」もフリーフロー。©Masahiro Ohashi
[画像のクリックで拡大表示]
(左)暖炉の上に掲げられているのはイギリスの新世代アーティストChristopher Pearsonが、ペガサスと翼をもったライオンをデジタルレリーフで描いた作品。そんな何気ないアートとの対話も楽しい。(右)ブリティッシュ・エアウェイズが提携する世界屈指のコンシェルジュ会社「クインテセンシャリー」のスタッフも常駐。©Masahiro Ohashi
[画像のクリックで拡大表示]
スパセラピーに根ざしたスキン&ボディケアを提供するイギリスの老舗高級ブランド「エレミス」のスパも併設。ファーストとビジネスクラスの搭乗者には15分の無料トリートメントを提供中(事前予約がベター)。なお、「エレミス」はビジネスクラスの機内アメニティにも指定されている。
[画像のクリックで拡大表示]
2017年4月からは、T5にファースト・キャビンの乗客のための新しいチェックインエリア「First Wing」と、専用のセキュリティチェックレーンも開設。コンコルドルームへのダイレクトなアクセスが可能に。

Edit&Text: Yuka Okada

ブリティッシュ・エアウェイズ