日進月歩のビューティ業界で、注目の新メニューやサービスを、NikkeiLUXE編集部が体験レポート。今回はNikkeiLUXE編集長 米川瑞穂が体験する、uka 恵比寿の人気メニュー、シェービング。

 「髪も切りたいし、ヘッドスパで頭皮ケアもしたい。ネイルも綺麗にしたいし、エステも受けたい」――でも忙しいと、一軒一軒予約して通うのはなかなか難しいもの。2017年11月にオープンしたuka 恵比寿三越店なら、これらをまとめて予約し、たとえばヘアカラーやハンドケアの施術を同時に受けられる(セットメニュー「ピカピカビヨウ」・・・ヘアカラー ・ハンドケア ・フットケア 120分 ¥22,000 ※スカルプトリートメント と指先パラフィンパックの特典つき )。広々としていてプライバシーも配慮されたインテリアは、居心地も抜群。そんなuka 恵比寿三越店で、ukaの店舗ではここだけで受けられる「シェービング」のメニューを体験した。

[画像のクリックで拡大表示]

古くて新しい「顔剃り」で、湯上がり卵肌に!

 「シェービング」、つまり「顔剃り」というと、男性か、着物を着る女性、またはブライダルのときのものというイメージだが、実は今、密かに人気だそう。私は度重なるレーザー照射のせいか(?)顔の毛がほとんどないので、体験する前は「シェービングって意味あるのかなあ……」と実は思っていたのだが、ちょっと目からウロコの心地よさだった。

 まずはクレンジングでメイクを落とし、オーガニックのオイルを使った穏やかなマッサージの後にシェービングがスタート。肌に刃が当たっているかどうか感じない程度、まるでなでられているかのように繊細なタッチで、シェービングは進められていく。