クリスチャン・ディオールがファーストコレクションを発表してから70周年を迎えた「ディオール」。その大回顧展「クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ」が、パリで開催スタート。300点以上のオートクチュール ドレスと装飾品、香水、ディオールが愛した美術品、ファッションフォトなどが、約3000㎡ものスペースで展開。その盛り上がりと見どころをパリよりレポートする。

ディオールの華やかな70年の歴史をひもとく、壮大な回顧展

47年に発表されたニュー ルックと歴代のアーティスティック ディレクターによるデザインに加えて、そのスタイルに影響されたランバンやゴルティエなど他のデザイナーの作品が集められているホール。

 1947年に世界的センセーションを巻き起こした「ニュー ルック」の発表以来、常にファッション業界を牽引するラグジュアリーブランドとして君臨してきたディオール。70周年という節目を祝うべく、クリスチャン・ディオールと彼の後を継いだアーティスティック ディレクター6名――イヴ・サンローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ、マリア・グラツィア・キウリ――の偉業を詳らかにする回顧展がパリ装飾芸術美術館にて開催中だ。約3000㎡ものスペースには、メゾン創設当初から現在に至るまでの厳選されたオートクチュールドレス300点以上に加え、1000点を超えるバッグやシューズ、ジュエリーといった装飾品、名だたるフォトグラファーたちによるファッションフォトが一堂に。また、インスピレーション源となった絵画、文書や香水瓶など、数々の貴重なアイテムが展示されている。

ディオール自身の幼少時代からの写真や肖像画など、初公開のピースも含め、他では見られないものも多い。