現在、世界人口の約1%に影響を及ぼしているといわれる自閉症。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、子どもの68人にひとり、男子では42人中ひとりがASD(自閉症スペクトラム)と診断され、日本では55人にひとりと推定されている。キールズは、アカデミー賞受賞俳優のマシュー・マコノヒーとともに、ASDを持つ子どもたちとその家族を支援するチャリティー活動として、UFCクリームの限定エディションの発売と、支援ムービーの拡散を行う。

世界で8秒に1個売れている、キールズ クリーム UFCがマシュー・マコノヒーの限定エディションで登場

[画像のクリックで拡大表示]
キールズ クリーム UFC (限定エディション)123g ¥6,600(2017年9月9日より原宿店先行発売。9月29日より全国発売)

 5つの植物オイルを配合し、軽やかな使用感と高い保湿力で人気の「キールズ クリーム UFC」。世界中で8秒に1個売れているという、キールズで一番人気のクリームのパッケージを、今回、マシュー・マコノヒーが自らデザインを手がけた。躍動感のあるポップなカラーの中に、ASDの支援活動団体であるAUTISM SPEAKSのロゴが配されている。さらに、マシュー・マコノヒーが出演するASDの支援ムービーも制作。このムービーがシェアされる度に1ドルの寄附を行い、総額20万ドルまでの支援を行う予定だ。

マシュー・マコノヒー出演による支援ムービー

マシュー・マコノヒーが語る、ASD支援活動にかけた想い

[画像のクリックで拡大表示]

「私は妻とともに、ジャスト・キープ・リビング財団という、青少年の心身の健全な成長を支援する非営利団体を設立し、ここの放課後プログラムの中で、ASDの症状を持っている多くの子どもたちと出会いました。そして発達障害が、子どもだけではなく家族に及ぼす影響も間近で感じてきたのです。

 そして私はキールズの製品を以前から愛用していて、キールズの社会貢献活動も応援していたので、今回のパートナーシップはまさに適切だと思いました。

 ASDは早ければ生後18カ月で発見できるケースもあり、早い段階で支援を受けることで、良い発達につながることが分かっています。世界人口の1%に影響を及ぼしているということは、私たちの身近にASDの方がいるということです。まずは皆さんにキャンペーンに関する支援ムービーを見ていただき、他の人々とシェアしてほしいです。そしてもっと、ASDについての認知と理解が高まればと思っています」

Edit:Mizuho Yonekawa