PTレア ライフローションが「生命の起源」を表現したアートに

 2018年12月に行われたアートの世界的な見本市「アート・バーゼル イン マイアミビーチ」で、世界的に有名なスイス人の建築家、マリオ・ボッタが、PTレア ライフローションをテーマにしたアート作品を発表した。

[画像のクリックで拡大表示]

 ル・コルビュジエに師事し、サンフランシスコ近代美術館やミラノのスカラ座の改修を手がけた彼が、PTレア ライフローションの世界観を表現するために、選んだ素材は無垢のシダーウッド。上から見るとゆるやかなカーブを描くフォルムは子宮をイメージしたもので、生命の起源を表現している。内部に入ると、訪れた人同士が対面できるようになっており、これは人間が一人では生きられないことを表したという体験型のアートだ。

 肌を慈しみ、肌が本来持つ力を呼び覚ますPTレア ライフローションのように、手触りと香りで五感を刺激するシダーウッド。そして繊細な造形物を生み出した職人の技術と、ラ・プレリーが大切にするサヴォアフェール(匠の技)――感性と技術が美しい融合を見せた今回のプロジェクト。今後のラ・プレリーのアート活動にも注目だ。

ラ・プレリー

Text:Eri Kataoka Edit:Mizuho Yonekawa

関連記事

キャビアサイエンスはさらなる高みへ――新生ラックス クリームのラ・プレリーにおける革新的な進化とは

日中の肌に、圧倒的な潤いとハリ! 名作クッションファンデーションがラ・プレリーから登場

みずみずしく透明感のある肌へ――ラ・プレリーから登場した、最新クリームのパワーを体感

ラ・プレリーから、史上最もラグジュアリーな美容液! “とにかく若々しい肌”を目指して。

あの「スキンキャビア」がアート作品に! ラ・プレリーの新境地をレポート