5つの美しいプール、フィットネスセンターなど充実した施設

[画像のクリックで拡大表示]

 ビーチ沿いや屋上など、美しい風景を楽しめる計5つのプールや、広々としたフィットネスセンター、テニスコート、さらに子ども用のPlanet Trekkers Kids Club(プラネット・トレッカーズ・キッズクラブ)など、大型リゾートならではの豊富な設備も魅力。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 またビーチフロントバー&ラウンジPine(パイン)は、オリジナルカクテルのラインナップも多く、ビーチベッドで夕日を眺めながらのんびり過ごすのもおすすめだ。

タイの伝統とモダニティが感じられる客室

[画像のクリックで拡大表示]

 最新の設備を備えたゲストルームは、モダンなテイストとタイの伝統が融合したデザインで、シティホテルとリゾートホテルの両方の魅力を備えている。白とアースカラーが基調で、ナチュラルな雰囲気の中、リラックスして滞在が楽しめる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 客室は41㎡から360㎡まで11のカテゴリーがあり、写真の「2ベッドルーム インターコンチネンタル プールヴィラ」は260㎡。塀に囲まれプライバシーが守られたヴィラ内には美しいプライベートプールがあり、1階と2階にそれぞれベッドルームとバスルームがあるので、2世代の家族旅行や友人での滞在におすすめだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 客室内のアメニティは、日本未上陸のタイの高級スキンケアブランドHARRN(ハーン)で、ミネラルウォーター同様、プラスチックでなく繰り返し使えるボトルで用意されている。またルームキーもプラスチックでなく木製で、細かなところにも環境への配慮が感じられる。

プーケットの歴史や文化が感じられるツアーも

 ビーチやプールで過ごすのもいいけれど、インターコンチネンタル・プーケット・リゾートではプーケットの歴史や文化を体感できるツアーも用意している。プーケットのオールドタウンには中国とポルトガルの影響を受けたパステルカラーのかわいい街並みが残っており、カフェやショッピングが楽しめる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 なかでも一番古い個人宅が、1908年に建てられたバーン インテンで、カラフルなインテリアや地元の人々の暮らしぶりを目にしながら、オーナー女性がつくる美味しいランチも味わえる。

[画像のクリックで拡大表示]

 また毎年10月にはプーケットではベジタリアンフェスティバルというお祭りが行われ、信者は9日間野菜のみを食べて過ごすそうで、その中心となる中国寺院、ジュイトゥイ寺や、錫鉱山を経営していた華僑の邸宅、チンプラチャーハウスでアフタヌーンティーも楽しむことができる。

[画像のクリックで拡大表示]

 リゾート内のあらゆる場所でスムースにWi-Fiにアクセスできるなど最新の設備を誇り、海やプールだけでなく、プーケットの歴史や文化も体感できるインターコンチネンタル・プーケット・リゾート。家族や気のおけない友人たちなどグループで訪れても、それぞれの希望を叶えて充実したバカンスが過ごせるはずだ。

InterContinental Phuket Resort
333 Moo 3, Kamala Sub-district,Kamala Beach, Phuket 83150 Thailand

Edit:Mizuho Yonekawa

関連記事

映画のように、ローマの休日を──大人のローマの楽しみ方、7つのポイント

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年のミラノへ 現代と歴史、アートが融合したホテル・プリンチペ・ディ・サボイア

人生が変わる スリランカ、アーユルヴェーダの旅

年末年始は最大9連休! 自分へのご褒美におすすめ、極上ビーチリゾート13選

自分へのご褒美に、美食と癒やしの台湾トリップ マンダリン オリエンタル 台北の魅力を徹底レポート

インドネシアの世界遺産や秘境で驚きの大自然に触れる ラグジュアリークルーズ「アクア・ブル」が就航

人生最高の夕日を探して アジア最後の隠れ家リゾート、カンボジアの魅惑の島へ

クルーズ旅初体験! メコン川、驚きの美食と文化に触れる旅へ〈後編〉

クルーズ旅初体験! メコン川、驚きの美食と文化に触れる旅へ