読者はニキビとむくみ、母はフェイスラインに変化! 母娘でシェアする超音波美容器。

[画像のクリックで拡大表示]

 超音波美容器(第2回:“毛穴”も“ハリ”もケアする超音波美容器とは? )を使い始めて約3カ月がたちました。肌のハリ感がアップする「フェイスラインモード」を週に1~2回、なめらかな肌になる「毛穴モード」を2週間に1回ほどのペースで使い続けていたのですが、フェイスラインがスッキリしたように感じます。私は夕方になると顔がむくみやすいのが気になっていたのですが、「フェイスラインモード」をした次の日は、むくみが気にならなくなりました。また、もうひとつの「毛穴モード」のおかげでニキビができにくくなってきたような気がします。私はわりと肌が揺らぎがちだったので、全体的に安定してきたのはうれしい結果です。これから暖かくなってきたら、もう少し「毛穴モード」を使う頻度を上げていきたいと思っています。
 また実は、この超音波美容器は58歳になる母とシェアしていて、同じペースで一緒に使ってきたのですが、母のフェイスラインがグッと引き締まったことにも驚きました! 使い始めて2カ月目くらいから「最近、痩せた?」と、まわりから聞かれるようになったそうです。確かに、頰のあたりがスッキリとし、肌にもハリが感じられるようになったと思います。ドライ肌な母は、「毛穴モード」は2週間に1度くらいののままにして、フェイスラインモードをメインで使っていきたいと言っています。使う人や悩みに合わせてモードやペースを調整できるところが、とても気に入っています。これからも母娘ともども、継続して使っていこうと思います。(28歳/メーカー)

Panasonic Beauty PREMIUM

Edit&Text:Mizuho Yonekawa

バックナンバー