働く女性のファッションをアップデートしてくれるアイテムや着こなしを、編集部が提案する定例企画。3月は、ワーキングウーマンのパートナーに最適なバッグを特集する。第2回は、春らしいパステルカラーのなかでも注目度の高いペールトーンをピックアップ。シンプルエレガントなスタイルが多いワークファッションに、フェミニンながらも甘さが抑えられた色合いが、やさしいアクセントを添えてくれる。

選ぶ基準は、ほのかな「淡さ」と「くすみ感」

 毎年、春になると数多く登場するのが、「マカロン」や「シャーベット」を思わせるパステルカラー。女性らしい色として人気だけれど、知的に装いたいビジネスシーンには甘すぎてしまうことも。しかし、今年はほんのり淡い色づきだったり、グレイッシュなニュアンスを含んでいたりと、少しクールなペールトーンがトレンドに。ワークファッションの定番である黒やベージュ、白といった無彩色にもなじみやすく、悪目立ちもしないから、気軽に取り入れられるはず!


[画像のクリックで拡大表示]

TOD’S

シグニチャーモチーフである「ダブルT」をクロージャーに配した人気コレクション。短めのショルダーとハンドルがセットされているので、シーンに応じてスマートに使い分けできる。デザインアクセントでもあるレザーコードの片方は、フロントポケットのファスナーに。「ダブルT バッグ」(H27.5×W32.5×D13cm)¥185,000/トッズ(トッズ・ジャパン TEL:0120-102-578)
[画像のクリックで拡大表示]

BALLY

ブランドを代表する「ソメ」は、クロージャーがないデザインが特徴。フラップを外に出すか中に入れるか、またサイドストラップの調整によって、表情の変化を楽しめる。今季のシーズンカラーは、フレッシュなムードをまとったペールグリーン。「ソメ」(H22×W28×D14cm)¥140,000/バリー(バリー 銀座店 TEL:03-6264-5471)

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
400_green

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02