セレブリティをはじめ世界中に多くのファンをもつロジェ ヴィヴィエ。そのラグジュアリーなシューズとバッグは、まさに憧れの的。ブランド創設者のロジェ・ヴィヴィエ氏が生み出したヒールデザインの数々は、モード界における伝説的な存在となっている。なかでもひとつの完成形ともいえる「ショック」ヒールを中心に、魅惑の最新コレクションをピックアップ!

流麗なフォルムが語る、究極のエレガンス

[画像のクリックで拡大表示]

 まるでアートのようなシューズを生み出す天才、ロジェ・ヴィヴィエ氏。1937年、パリのロワイヤル通りに最初のブティックをオープンして以来、自らの名を冠したブランドのほかにもクリスチャン・ディオールなど名だたるクチュリエのシューズを手掛け、多くの⾰新的なシューズデザインを世に送り出してきた。1959年に発表された「ショック」ヒールもそのひとつ。ヴィヴィエ氏はこう語っている。

「このシューズがもつ一見して分かるシンプリシティは、混じり気のないすっきりとしたラインと精緻で複雑なラインの間のバランスを模索する長年にわたる旅の終点を象徴するものです。一言で表現するならば、このモデルを通して私は、過剰に単純化したスタイルや余分な装飾、あるいは行き過ぎた贅沢などに依存することなく、シンプリシティとシックを融合させることに挑戦したのです」

 2018年春夏の「ショック」ヒール・コレクションは、当時のデザインを受け継ぎながらも現代的な解釈が加味されることで、さらなる進化を遂げている。クリエイティブ・ディレクターのブルーノ・フリゾーニ氏は、今シーズンの「ショック」ヒールは完成形であり、「女性の脚に全身全霊を捧げる、よりエッジのきいたヒール」と語るほど。ドレスアップしたいオケージョンはもちろん、ビジネスの場など日々のさまざまなシーンでも、移ろうトレンドにも色褪せないタイムレスな美しさで、足元をエレガントに装いたい。

Photos: Asa Sato
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「ショック」ヒールのフォルムが際立つエナメル加工を施したパンプス。甲のデザインがブランドの頭文字である「V」をかたどった鋭角的なカットに仕上げられ、ひざ下からつま先まで美しく見せてくれる。かかと部分には、ゴールドカラーの「RV」をデコレート。「ショック リアル」(ヒール8.5cm)各¥80,000/すべてロジェ ヴィヴィエ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)