パリのエスプリ薫る最新バッグにも注目

[画像のクリックで拡大表示]

 洗練されたデザインのなかに、パリの街を颯爽と歩くような潑溂とした女性美を潜ませるロジェ ヴィヴィエの新作バッグ。極めてエレガントかつシックでありながら、どこかスポーティなムードが漂うのが、今シーズンの特徴だ。卓越したクラフツマンシップが導く端正な表情は、フェミニンな装いにはもちろん、ビジネスシーンやカジュアルスタイルなど幅広いファッションに寄り添ってくれる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左上、アイコンバッグに鮮烈な赤が登場。知的なビジネススタイルにも絶妙な華を添えてくれる。「ヴィヴ カバ」(W32×H25.5×D13cm)¥326,000 右上、ブランドアイコンのバックルをレザーであしらうことで、ほどよくカジュアルなムードに。「ピルグリム ドゥ ジュール」(W28×H18×D14cm)¥236,000 左下、両サイドのドローストリングがユニークなトートバッグ。たくさんの荷物をスマートに収納できる。「ヴィヴ トート」(W46×H29×D20cm)¥249,000 右下、長年にわたるベストセラーであるクラッチバッグを、ブルーノ・フリゾーニ氏が再解釈。オーセンティックな雰囲気のデイバッグへとアップデート。「ボワット ドゥ ジュール」(W30×H22×D10cm)¥466,000/すべてロジェ ヴィヴィエ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)