最新機器でスキャン! リゾートで自分の健康状態をチェック

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 すべてのシックスセンシズで導入している「ウェルネス スクリーニング」(60分200フィジードル)は、微弱な電磁波や血圧を同時に測定し、ゲストの体調を分析するという最新システム。体重や身長を測った後、脳波や脈拍計をつけて測定したら、その場で診断結果を教えてもらえる。

 私の場合は脂肪や骨量、水分量などのボディバランスは問題なく、VO2Max(最大酸素摂取量。持久力の指標)は50で、女性としてはかなり高いとのこと(ヨガで有酸素運動をしているおかげかも)。でもその半面、ストレス反応はかなり高く出ていて(……これはこのとき、苦手な英語で健康の専門用語をヒアリングしていたからかも)、回復力の数値もダウンしていたので、トータルのウェルネススコアは87%の「ACCEPTABLE」、5段階評価の上から2番目だった。そして今後も運動を定期的に行うことと、マグネシウム、ビタミンB12、メラトニンの摂取をアドバイスされた。

 さらに希望すれば、この結果に基づいてスパ トリートメントとヨガやフィットネス、栄養指導を組み合わせた、オーダーメイドのウェルネス プログラムも受けられる(3日間1340フィジードル〜)。またこのデータは他のシックスセンシズ スパでも共有されるので、世界各国のシックスセンシズに泊まるたび、変化をチェックすることも可能だ。科学的な分析をベースに日ごろの不摂生を見直したり、健康状態を立て直すというリゾートの過ごし方は、その後のライフスタイルも大きく変えてくれそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 スパのマッサージなどの施術は、一棟一棟独立した静かな個室で行われる。人気の「Fijian Bobo Massage with Herbal Poultices」(90分 315フィジードル)は、ココナッツをベースにラベンダーとライムを加えたオイルで、足の先から頭皮までハンドマッサージを行い、レモングラス、ジンジャー、シーソルトを詰めて温めたハーブボールを使って、背中やお腹をほぐしていくというもの。とても丁寧で的確なタッチのマッサージに加えて、施術前後のシンギングボウルの音色は今まで耳にしたものよりずっと奥行きや深い響きがあり、異世界へと導かれるようだった。ホットストーンでなく温めた貝殻を使う「Heated Lava Shell Massage」(90分 330フィジードル)もおすすめのメニューだそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 スパの隣には30mほどの小高い丘にヨガパビリオンもあり、毎朝9時から無料のヨガレッスンが行われている。高台なので風通しがよく、ヨガでさまざまなポーズをして視界が変わるたびに緑や海が目に入ってきて、とても開放感のあるヨガが楽しめる。