極上の部屋に泊まり、夜は貴重なイグアナ探しを!

[画像のクリックで拡大表示]

 シックスセンシズ フィジーには24のヴィラがあり、広さは110〜150㎡で、すべてにプライベートプールを備えたラグジュアリーなつくり。インテリアはフィジーの伝統を活かしたもので、シックで落ち着いた空間だ。客室内に用意されているミネラルウォーターや、シャンプー、コンディショナーなどのアメニティはすべてリユース可能なボトル入りで、ラグジュアリーでありながらゴミの削減も両立させている。部屋に用意されている虫除けも、化学成分を使わずレモングラスなどの天然成分を蒸溜したものを用意するという、健康と環境に配慮したものだった。

[画像のクリックで拡大表示]

 各部屋の屋外シャワーブースやバスタブは、星空の下での入浴が楽しめて快適だし、ウッドデッキのプライベートプールものんびりできて、わざわざメインプールや部屋の外に出る気がしなくなるほど。実はプールやお風呂で使われる水も、リゾート独自の海水淡水化プラントでつくられたもので、プールに入れる化学薬品の低減にも成功している。さらに、ミミズを活用した汚水処理システムまで備えているそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 48.5ヘクタールと、東京ドーム約10個分の広さがあるシックスセンシズ フィジーには、さまざまな生物も生息している。中でもフィジアンイグアナは世界に約5000匹しか生息していないといわれている貴少種だが、この敷地内には約20匹の生息が確認されているそう。「イグアナスポッティング 」(50フィジードル)は、夜、敷地内の森にスタッフとともに入り、生い茂る緑の中にいるフィジアンイグアナを観察するというアクティビティで、この日は4匹のフィジアンイグアナを目撃できた(写真上左)。葉と葉の間で、鳥たちとともにじっと静かにしているイグアナは、10cmくらいの赤ちゃんから30cmくらいの大人サイズまでさまざまだった。運がいいと、5〜6匹の家族連れにも出合えるそうだ。