リニューアルオープンから1周年を迎える日本橋三越本店 本館1階のビューティフロア。ホワイトで設えられたラグジュアリーな空間をリポート。おもてなしのスピリットあふれる独自サービスやフロアの魅力をお伝えしよう。

落ち着いた雰囲気でショッピングが楽しめる、日本橋三越本店 本館1階のビューティフロア。
中央には美容に特化した専門サービス「ボーテ・コンシェルジュ」のカウンターが。4人の化粧品専属アドバイザーによる親身なアドバイスが受けられ、サンプルのお試し、お会計まで可能。予約・お問い合わせはTEL:03-3274-8255(直通)まで。

 歴史ある建物と見事に調和する本館1階の佇まい。真っ先に視線が向かうのは、天井まで延びる白大理石の柱と、LED照明を組み込んだ樹冠のモチーフだ。デザインにあたったのは新国立競技場を手がけた建築家・隈研吾氏。テーマは「白く輝く森」。森をイメージし、三越ならではの“おもてなし”を意識して造られた空間だ。

 国内外の人気33ブランドが居並ぶこのビューティフロア。各カウンターはそれぞれのブランドの意匠で据えられているが、日本橋三越本店にふさわしい清潔な華やかさと、統一感が醸し出されているのも特徴。だからこそ、落ち着きとリュクスな風情が漂うのだ。

 さて、各々のブランドがそれぞれの魅力を発信する中、注目を集めているサービスがある。それが「ボーテ・コンシェルジュ」。スキンケアからメイクアップまで、一人ひとりに合わせた提案とアドバイスが受けられるのだ。熟練の知識とノウハウを持つスタッフは4人。まずはお肌のお悩みや相談を受け、お客さまに合う製品や使い方などをアドバイス。例えば新しいシーズンを迎えてのファンデーション選び。季節の変わり目なら、肌の課題に合うスキンケア製品や使い方も指南。「婦人服フロアで購入したウェアに似合う口紅が欲しい」という要望にも対応。個々の好みや要望に応えるべく、ブランドの垣根を越えた提案も人気の理由だ。

 そんなビューティフロアで過ごすことは、あなたの美しさにさらに磨きをかけるかけがえのない時間となりそうだ。