美容編集者歴25年超の「etRouge」編集長・麻生 綾のデスクには、日々魅力的な化粧品サンプルが届きます。正直、どれもこれも美味しそう♪ そんな中、麻生が“完食”……底の底まで使い切るほどハマった、真のお気に入りコスメたちをご紹介。今回は久しぶりの“自腹買い”、アイスランド発の夜用美容液について。

今月の完食コスメ
ビーアイオー セラム

 「肌の調子がよいときは、何を使ってもいいんです。でも悪いときは、肌にのせる化学物質の数を極力減らしてください」とは、オバジクリニック トウキョウ総院長・野本真由美先生のお言葉。職業柄、常時7~8種類の化粧品を重ねづけ→結果、いま肌が少々しんどい状態の私にはズズーン!と突き刺さります。そうなんです。調子がいいと、たいてい何をつけても大丈夫。でもいざ調子が悪くなると、何もかもがいきなりダメに……。しかも、美容編集者の悲しい性(さが)と申しましょうか、サンプルをたくさん持っているがゆえに、その調子の悪さをついついさらなる化粧品の「上塗り」で何とかしようとしちゃうのですね。野本先生的には、これ、まっこと負のスパイラル。

 そんなわけでいま、絶賛「減らす」キャンペーン中であります。スキンケアは、前回ご紹介した「イハダ」。ベースメイクは石鹸洗顔のみで落ちるミネラルファンデーション。でもでも、もうちょっと積極的なお手入れもしたいというか、しないと不安なお年頃でもありまして……。要は、シミやシワのような具体的なエイジングサインに、具体的に効いてくれるものも欲しいわけです。

 そんなとき、目の前に突如彗星(すいせい)のように現れたのが「バイオエフェクト」。

極北の国、アイスランド発のコスメです。この小瓶「ビーアイオー セラム」が、私の美容ジレンマを見事、解決してくれました。