最近、抜け毛や髪のパサつき、フケなどのトラブルを抱えているならば、頭皮の冷えが原因かもしれない。頭皮の冷えは手足と同じ“末端の冷え”であり、なおかつ全身が栄養不足に陥っているサインでもある。冷えのエキスパートであるイシハラクリニック副院長の石原新菜先生に、頭皮が冷える原因と対策についてうかがった。

頭皮や髪の毛、肌のトラブルは「頭皮の冷え」が原因かも?

[画像のクリックで拡大表示]

 同じ末端でも、手足とちがって冷えを自覚しにくい箇所、それは頭皮。もし髪や頭皮のトラブルを抱えているとしたら、あなたの頭皮は冷えている可能性がある。

頭皮の冷えによって引き起こされるトラブル


  •  フケ
  •  頭皮のかゆみ
  •  切れ毛や抜け毛、枝毛
  •  髪の毛のパサつき
  •  顔のむくみや二重顎
  •  顔の肌のくすみ
  •  目の下のくま

  • など

     これらはすべて、頭皮の血行が悪くなって起きているもの。血液は酸素や栄養、熱を運んでいる。頭皮や髪の毛のトラブルは、頭皮自体、また髪の毛を育てる毛母細胞が栄養不足になって引き起こされる。

     顔がむくんだり、二重顎になったりすることにも頭皮の血行が関係している。血行が悪くなった結果、代謝が下がってしまうせいだ。代謝の低下は、顔の肌のくすみ、くまにもつながる。

    現代の働く女性の“冷えを呼ぶ”ライフスタイル

     頭皮は、手足と同様に体の末端にあたる。「頭皮や足先など末端の冷えは、全身が冷えているサイン」と話すのは、冷えに詳しいイシハラクリニック副院長の石原新菜先生。

     そのため、頭皮が冷えている人には、手足の冷え、低体温、生理痛や生理不順、便秘、むくみといった症状を併発しているケースが多いという。

     体が冷えるのは、血行が悪化して体のすみずみまで血液が熱を運べていないのが原因だ。そもそも女性は男性より筋肉量が少ない。体の熱の40%は筋肉が生み出しているので、筋肉量の少ない女性は冷えやすい。30代以降は加齢とともに筋肉量が減少し、代謝も落ちて、それに拍車がかかる。

    「現代の働く女性たちの生活パターンも一因です。たとえば、多忙さゆえに入浴をシャワーだけですませてしまうこと。シャワーを浴びるだけでは、体の表面しか温まらない。体の芯に冷えが残ってしまうのです」(石原先生)

     また、パソコンを使ったデスクワークは全身の血行悪化を招く。座りっぱなしで同じ姿勢をとり続けている上に、目を酷使するからだ。目の使いすぎは首や肩のこりにつながり、首から上へ流れようとする血流を滞らせる。

    「いまや生活に欠かせないスマホも、冷える原因。スマホやパソコンを使っているとき、首が前に出る姿勢を取りがち。これが続くと首がこり、血行を悪化させます」(石原先生)