日進月歩のビューティ業界で、注目の新メニューやサービスを、NikkeiLUXE編集部が体験レポート。今回はNikkeiLUXE編集長 米川瑞穂が体験する「ネオ美容鍼(びようばり)」。即効的な小顔効果があるため、モデルや芸能人にも人気の美容鍼に、エレクトロポレーションを足したという新施術の効果とは……?

 東洋医学に脈々と伝わる鍼によるツボ刺激でむくみを解消、鍼灸師(しんきゅうし)さんの技術によっては1回で驚くほど輪郭がシャープになることもある美容鍼。でも今まで何度か美容鍼を試した私は「施術の直後はいいんだけど、翌々日くらいには結局、元に戻っちゃうんだよなぁ……」というのが、正直な感想だった。確かに「大切な撮影があるから、顔の輪郭を一時期だけでもいいから変えたい」という人なら必要だろうけど、「一瞬だけ顔が変わる必要性」なんて私にはないし、鍼による内出血というリスクを考えると、「鍼灸師さんの当たり外れもあるし、エステの小顔マッサージのほうがマシかも」くらいに思っていたのだ。

古今東西の「穴あけ美容」を結集!

 でもそんな「一瞬の幻」で終わらない、新しい美容鍼のメニューがあると聞きシーズ・ラボへ。体験したのは、美容鍼にエレクトロポレーションを組み合わせた「鍼&メガ導入リフティングプラン」(70分¥21,000、初回体験¥10,000、火・水・日曜日限定メニュー。恵比寿本店限定)だ。エレクトロポレーションとは、微弱な電流で一時的に肌組織の結合をゆるめる=いわゆる「電子孔」をあけ、そこから肌の奥まで美容成分を浸透させ、マッサージ効果も高めるというメソッド。

[画像のクリックで拡大表示]
クリニカルサロン シーズ・ラボ恵比寿 東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ1F TEL:03-3797-4116 営業時間10:00~20:00 年中無休

 つまり、東洋で発達した「鍼による穴」と、ヨーロッパで開発された目には見えない「電気による穴」の2種の穴で、顔のコリ解消にとどまらず、美肌効果も高めようというのがこのコースの狙いだ。鍼で穴をあけた後にエレクトロポレーションを行うので、鍼による穴一つひとつにもエレクトロポレーションが作用し、それぞれ単体での施術よりも深部、広範囲への効果があるという。まさにEast meets Westの「穴をあけまくる」美容法といえる。

 コースはまず、スチームで肌を温め(下写真中央)、泡クレンジングで肌をすっきりクリアにした後、国家資格をもった鍼灸師さんが、むくみやたるみの部位にあわせ約40カ所のツボに鍼を打つ(下写真右)。このとき、顔だけでなく足首付近にも鍼が打たれるので、足先から血行がよくなり、体全体の血流が改善されていくのがわかる。部位によっては骨にズーンと響くような鍼独特の感覚があるが、痛みはさほどないのでご安心を。

[画像のクリックで拡大表示]