全国から食通が訪れる「日本料理たかむら」の極上の麺

[画像のクリックで拡大表示]
「たかむら麺 比内地鶏と鰹のつゆ ~柚子風味仕立て~」2人前 ¥1,000/秋田味商 https://www.ajisho.jp/SHOP/998170/list.html

 江戸料理を継承する秋田の名店「日本料理たかむら」が、コースの一品として提供しているオリジナルの麺。「今までにない新しい麺を作りたい」という思いから試行錯誤の末に完成させ、ゲストからお土産にしたいとの声にこたえて商品化された。秋田産のアカモクという海藻を練り込んだ麺は、なめらかで弾けるような歯ごたえが特徴。醤油とみりん、比内地鶏をベースに、鰹出汁や柚子を加えた特製のつゆで、もり蕎麦のようにしていただく。蕎麦でもうどんでもパスタでもラーメンでもない、斬新な味わいをご体験あれ。

紀州産の珠玉の素材を使った「一六一八」の贅沢な冷菓

[画像のクリックで拡大表示]
「贅沢ICE実-minori-」(8個入り) ¥4,800/一六一八 http://www.wakayama1618.com/

 果樹王国である和歌山県が誇るフルーツを主役にした冷たいデザート。干し柿、ブルーベリー、三宝柑、温州みかん、あらかわの桃、南高梅が、存在感あふれる姿で詰まっている。コンフィチュールやジャム、ソースなど異なる形状に仕上げられているのは、味わいやバランス、食感などすべてにおける黄金比を追求しているから。素材それぞれの濃厚な風味が五感を刺激する。スプーンがスッと通るくらいにとろけたら食べごろのサインだ。カップ1個に、生産者の思いや職人の緻密な仕事を感じることができ、フルーツをフレッシュな状態でそのまま食べる以上の魅力が感じられる。

Photos:sono(bean) Styling:Mariko Hiromatsu Text:Yui Togawa Edit:Mizuho Yonekawa

バックナンバー

【美食最前線 Vol.12】通常メニューよりも魅力的!? 有名レストランのヴィーガンコース

【美食最前線 Vol.11】あの名フレンチのスーシェフが独立! 魅惑の味とコンセプトとは

【美食最前線 Vol.10】スペシャリテのレシピも公開! 世界的に有名なレストランの極意が学べる料理教室

【美食最前線 Vol.9】新しい年のスタートに訪れたい、装いも新たに誕生した名ホテルのフランス料理2店

【美食最前線 Vol.8】日本初上陸! インド料理 とスペイン料理の名店をいち早くチェック

【美食最前線 Vol.7】「おひとり様」でも気兼ねなく カウンターで寛げるレストラン

【美食最前線 Vol.6】スターシェフが期間限定で腕を振るう! 新スタイルが話題の2店

【美食最前線 Vol.5】「蕎麦前」と「冷かけ」で憩う、残暑をしのぐに最適な風情漂う2店

【【美食最前線 Vol.4】極上ステーキを堪能! 併設のバーで季節のカクテルも楽しめる、とっておきの2軒

【美食最前線 Vol.3】都心からわずか1時間! 紫陽花が咲き誇る鎌倉で、予約すべき2軒

【美食最前線 Vol.2】過去最多の12軒がランクイン! 2019年度「アジアベストレストラン50」で快挙を遂げた、ふたりのシェフに迫る

【美食最前線 Vol.1】すしの名店がラグジュアリーホテルに続々オープン! 東京の絶景とともに名人の技を堪能