TASAKIのジュエリーを選ぶ人はおしゃれ。そんなイメージを確固たるものにした「バランス」シリーズの発表から10年、意表をつくパールデザインの進化はとどまるところを知らない。また、ジュエリーに造詣が深い人ほど「TASAKIのダイヤモンドは輝きが素晴らしい」と語る。なぜTASAKIは愛され、高く評価されるのか? ブランドを代表するモダンな5つのシリーズ(バランス、デインジャー、リファインド リベリオン、オーロラ、サージ)とともに、信念と情熱に満ちたバックグラウンドストーリーを紹介。日本が世界に誇るジュエラー、TASAKIの魅力と価値をひもといていく。

※各画像をクリックすると紹介ページへジャンプします

「バランス」──世界を驚かせた、常識を覆す“モードなパール”

「バランス」シリーズより。ピアス(イエローゴールド×あこや真珠)¥660,000 ペンダント(イエローゴールド×あこや真珠)¥350,000 ダブルフィンガー リング(イエローゴールド×あこや真珠)¥475,000/すべてTASAKI https://www.tasaki.co.jp/jewellery/collectionline/balance/
プルオーバー¥40,400 パンツ¥37,500/ともにヴィンス(ヴィンス 表参道店 TEL:03-6804-1224)

 モード関係者から人気に火がつき、今や世界中の女性たちの心をとらえる「バランス」。パールを直線に並べたミニマルでモダンなジュエリーは、デザインを手がけたタクーン・パニクガルがバランスボールにインスピレーションを得て生み出したもの。2009年の発表当時、ジュエリー界に大きな衝撃を与えた。このシンプルなデザイン、実は、自然が生み出すひとつひとつ個性の異なる真珠のなかから、形、大きさ、光沢、色が圴一なものだけを並べることで完成するという、職人たちの審美眼と意欲的な取り組みの賜物でもある。TASAKIのアイコンジュエリーとなった“モードなパール”は、誕生から10年を経てバリエーションもますます豊富に。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左から〉「バランス プラス ピアス」(SAKURAゴールド×あこや真珠)¥200,000 「バランス シグネチャー リング」(イエローゴールド×あこや真珠)¥275,000 「“プチ” バランス ダイヤモンド ソロ ネックレス」(SAKURAゴールド×あこや真珠×ダイヤモンド)¥195,000/すべてTASAKI https://www.tasaki.co.jp/jewellery/collectionline/balance/
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左から〉「バランス ネオ ペンダント」(イエローゴールド×あこや真珠)¥240,000 「バランス ノート パヴェ ペンダント」(ホワイトゴールド×あこや真珠×ダイヤモンド)¥285,000 「バランス ノート ピアス」(イエローゴールド×あこや真珠)¥140,000/すべてTASAKI https://www.tasaki.co.jp/jewellery/collectionline/balance/
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左から〉「バランス エラ リング」(SAKURAゴールド×あこや真珠)¥215,000 「“プチ” バランス クラス ピアス(ホワイトゴールド×あこや真珠×ダイヤモンド)¥168,000 「ア ファイン バランス ピアス」(イエローゴールド×あこや真珠)¥210,000/すべてTASAKI https://www.tasaki.co.jp/jewellery/collectionline/balance/

TASAKI STORY 1
自ら養殖まで手がける、「最高の真珠」への飽くなき想い

九十九島で育まれる真珠について、より深く知ることができる動画もぜひチェックを。

最高のクオリティをもつ真珠を、情熱的なほどに探求し続けるTASAKI。その熱意の原点は、ブランドの前身である田崎真珠の創業からさらに前、創業者・田崎俊作の父が1933年に長崎の海で始めた真珠養殖に遡る。真珠への想いゆえ、TASAKIは今も真珠の養殖を自ら、そして最高の環境下で手がけることにこだわるのだ。真珠養殖場を構える長崎県の九十九(くじゅうく)島は、海に栄養分を運ぶ周囲の緑に恵まれ、プランクトンが豊富で波が穏やか……と、真珠養殖にとって理想の環境。さらに西海(さいかい)国立公園内にあるため、環境の変化を受けにくいという絶好の場所でもある。約90年におよぶ真珠養殖の歴史に培われた技を用いて育成されるあこや真珠は、その価値を決める、巻き、照り、色、形、キズ、サイズという6つの要素を高水準でクリアする。とりわけ巻きのよさは群を抜き、真珠層が幾重にも重なり、内側から艶が滲み出るような輝きを放つ。

STORY 2 若き才能を起用する、果敢な挑戦心
STORY 3 “400万分の1の個性”をもつ真珠に施す、大胆な職人技
STORY 4 日本で唯一の資格をもつ、ダイヤモンドのエキスパート
STORY 5 世界基準を凌駕する、最高品質のダイヤモンドカット