[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉左から「キュヴェ742」、「キュヴェ737D.T.(デゴルジュマン・タルディフ)」、「アヴィーズ・シャン・カン」。デゴルジュマン・タルディフシリーズは通常のキュヴェよりも長い9年もの瓶内熟成。 〈右〉カーヴやサロンは歴史を感じさせる中にも、ディテールがおしゃれでいて落ち着く雰囲気。元建築家のローラン氏のセンスが光る。

明日香:なるほど。お互いの息子同士で一緒にやっていく可能性もあるんですね。メゾンの今後についてはどのようにお考えですか?

ジャン・エルヴェ:もちろん、私たちは挑戦し、進化し続けます。5年前より今のほうがよくなっていますし、きっとこれからも微調整を重ね、さらに5年先は今よりもまたよくなっているでしょう。ジャクソンに革命が必要なのかどうか、私にはわかりません。それは息子たちが学ぶべき理由でもあります。いずれにせよ「変えるべきだ」と決める前に、何がなされてきたのかを学ばなければなりません。これは非常に大変なことで、なので彼らは早くから家業に参加しなかったのかもしれませんね。
 私は息子たちに厳しいわけではありませんが、これまでの現実の積み重ねがあって、彼らが加わってくれることをうれしく思っています。しかし、アイデアや方法など、新しい何かをしたいのであれば、「なぜ? ちゃんと説明して!」と必ずとことん考えさせるようにしています。そしてやってみて、うまくいかないならば、改善すればいいのです。やること自体はシンプルなんです。実際は複雑かもしれませんが、とことん考えることで目的や意味が明確になるんです。私は「あなたは素晴らしい仕事をしている!」と言われることもありますが、「いいえ! “よいシャンパーニュ造り”をできるだけのアイデアがあったからですよ」と言いたいですね。それだけです。母なる自然がシャンパーニュ造りの才能を与えてくれて、それに取り組んだだけなのです。

明日香:真摯にシャンパーニュ造りに向き合ってきたからこそ言える、重みのある言葉ですね。

杉山明日香
理論物理学博士。ワイン研究家。唎酒師(ききざけし)。
有名予備校で数学講師を務める傍ら、ワインスクール「ASUKA L’ecole du Vin」にてソムリエ資格試験対策講座を主宰。東京・西麻布のワインバー「GOBLIN」、パリの和食店「ENYAA Saké & Champagne」を経営するほか、ワインと日本酒の輸出入業も。東京とパリを2週間ごとに行き来する多忙な日々。著書に『ワインの授業 フランス編』『ワインの授業 イタリア編』『受験のプロに教わるソムリエ試験対策講座』など。

Photos:Yuji Ono Text:Asuka Sugiyama Editor:Kaori Shimura

前編

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.10 ジャクソン〈前編〉

関連記事

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.9 ド・スーザ・エ・フィス〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.9 ド・スーザ・エ・フィス〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.8 アンドレ・ロベール〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.8 アンドレ・ロベール〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.7 ユリス・コラン〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.7 ユリス・コラン〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.6 ラルマンディエ・ベルニエ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.6 ラルマンディエ・ベルニエ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.5 エグリ・ウーリエ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.5 エグリ・ウーリエ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.4 フランソワーズ・ベデル〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.4 フランソワーズ・ベデル〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.3 ぺルネ・エ・ぺルネ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.3 ぺルネ・エ・ぺルネ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.2 ルプルー・プネ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.2 ルプルー・プネ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.1 ドメーヌ・ジャック・セロス〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.1 ドメーヌ・ジャック・セロス〈前編〉