成田 – 台北の中・近距離路線でもフルサービスで提供されるビジネスクラスの機内食。
[画像のクリックで拡大表示]

 さて、空の上でのいちばんの楽しみといえば機内食。行きのCX523便では遅めの朝食が提供される。まずは数種類のジュースやヨーグルトとともに季節のフルーツプレートが、続いて3種類から選べるメインメニューがサーブ。もちろんアルコールを含むドリンクのサービスも。飛行時間4時間弱と近距離ながらも、フルサービスが受けられるのはキャセイパシフィックならでは。さらに感動したのは、キャビンアテンダントがサービスの際に必ず「◯◯様」と名前を呼んでくれること。アジアらしい温かいおもてなしで気分よく旅のスタートが切れた。