2018年の参加アーティストとして選出された5人。上段左から、坪井夏美さん(ヴァイオリン)、福田俊一郎さん(ヴァイオリン)、江崎萌子さん(ピアノ)、下段左から、太田糸音さん(ピアノ)、吉田連さん(テノール)。

「ヨーロッパではなじみ深いサロン・コンサートの形式で、ステージと客席が音楽を通して対話するような親近感を大事にしたいのです。技術的にも、人間的にも、彼らが成長する過程を見守ってほしい」と当プログラムの設立者であるリシャール・コラス社長は語る。

 今年も才能溢れる2名のヴァイオリニストと2名のピアニスト、そして1名のテノール歌手が選ばれた。丹念に選びぬかれ、組み立てられた楽曲に挑む若きソリストたちは、この貴重なチャンスを生かし、彼ら自身の芸術性を花開かせた成果を堂々と聴かせてくれることだろう。

演奏会は無料、抽選制。今後の開催予定は8月4日(土)、18日(土)、25日(土)など。応募の詳細はシャネル・ネクサス・ホールのホームページで確認を。
シャネル・ネクサス・ホール事務局
TEL:03-3779-4001

Text: Chie Sumiyoshi Edit: Kaori Shimura

バックナンバー