食卓で歓声が上がる、静岡のご当地グルメをお取り寄せ。

[画像のクリックで拡大表示]
静岡おでん宅配便セット 18本セット ¥3,500、30本セット ¥4,800、40本セット ¥5,800/静岡おでん 名代「おがわ」 公式オンラインショップ:http://j-gourmet.jp/shop/ogawa/ogawa.html

 グルメサイトでも人気の有名店、おがわの「おでん宅配便」は、東京ではあまり目にしない珍しい具材をお店で丁寧に煮込んだものと、静岡おでんならではの真っ黒なスープをセットでお取り寄せできる。

 おがわ名物の柔らかな牛すじのほか、たっぷり味のしみた大根やじゃがいも、卵やこんにゃくは、すべて串に刺さっているのが静岡流。削り節と青のりの混ざった「だし粉」をかければ、コクのあるしっかりした味わいが楽しめる。

[画像のクリックで拡大表示]
静岡満喫セット ¥5,800/静岡おでん 名代「おがわ」 公式オンラインショップ:http://j-gourmet.jp/shop/ogawa/ogawa.html

 具材は、黒はんぺん(サバやイワシなどの青魚を丸ごと使ったすりもの)や、すじ(こちらは牛すじではなく、スケソウダラやグチなど白身魚の練り物)、細長いままのナルトなど、水産王国・静岡らしい具材が揃い、「これは何?」と食卓が盛り上がることうけあいだ。

 真っ黒なスープは、実は牛すじと練り物からの出汁に醤油を足しているだけだそうで、見ためよりも塩辛くなく、自然な味。何人かにすすめたら「すっかり味わいにハマって、残ったスープにもう一度具材を足して楽しんだ」という人が多かったので、ぜひお試しを。大ぶりでふんわりした釜揚げシラスと、お茶もセットになった詰め合わせも、静岡らしくておすすめだ。

冷凍庫に常備したい、プロ顔負けのフカヒレ姿煮。

[画像のクリックで拡大表示]
フカヒレ姿煮 200g(吉切鮫 尾びれ約12~3㎝)信和キンシ 公式オンラインショップ:https://www.shinwakinshi.com/

 私は料理が好きなほうだけれど、残業や夜間の作業が必要なときには、疲れて夕食をつくるのが億劫になることも。でも22時ころになると、Uberや宅配も限られてしまうので「疲れているのにロクなものが食べられない」という悪循環に。だから頑張った日こそ、ご褒美に美味しいものが食べられるよう、冷凍庫に常備しているのがこちらのフカヒレの姿煮込みだ(なくなると不安になるほど!)。

 合成うまみ調味料を多用しがちなアジア各国でも、最近は「アミノ酸フリー」をうたう有名レストランが増えているけれど、信和キンシでは国産のフカヒレを、アミノ酸不使用のオリジナルスープで調理。レトルトでなく冷凍にすることで、保存料臭もなく、豊かな味わいが楽しめる。

 そして私はフカヒレでも、ヒラヒラした「胸ヒレ」でなく、繊維をしっかり楽しむことができる「尾ビレ」が好きなのだけれど、こちらの尾ビレは大きさも厚みもあり、まるで有名レストランで味わうメインディッシュのよう。青梗菜やもやしを添えれば、5分湯せんしただけで極上の一皿になり、疲労困憊の日でも自然と笑顔になれるので、フカヒレ好きの方、「フカヒレは好きだけれど、レストランで食べるもの」と思っている方に試してほしい。