5. 実は、パイクプレイス・マーケット発祥の人気店が多いのにはワケがある
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
エリオット湾沿いにあるパイクプレイス・マーケット。坂や建物内の階段などが複雑に入り組んでいるので、ダンジョンを探検しているような気分になる。

1907年にその歴史をスタートしたというパイクプレイス・マーケットは、アメリカに現存する最も古いパブリック・マーケットだ。その敷地はおよそ9エーカー(約3万6000平方メートル)あり、地元の農家やアーティスト、食品店、飲食店などが約550軒入っているという。
「スターバックスコーヒー」の1号店がここにあるというのはよく知られた話だが、先に紹介した「パイク・プレイス・チャウダー」など、多店舗展開している人気ブランドの1号店がパイクプレイス・マーケットにあることは珍しくない。というのも、パイクプレイス・マーケットは地元のスモールビジネスを活性化するという目的をもっているためフランチャイズ店は入れないという基本ルールがあり、パイクプレイス・マーケットで初めて店を出し、ここでの人気を足がかりに成長していくケースが多いからだ。
コーヒーメーカーやコーヒー豆を製造・販売する会社「ストーリービル」が手がけるカフェもそのひとつ。2013年の1号店オープンから、現在ではダウンタウンなどに全4店舗を展開する人気急上昇中のブランドだ。私はアイスアメリカーノを頼んでみたのだが、まろやかな苦みとさわやかな後味がとても気に入った。営業時間は朝6時59分から。1分でも早くゲストを迎えたいという心意気が表れている。

Storyville at Pike Place Market
94 Pike Street #34, Seattle WA 98101
TEL:206-780-5777
https://storyville.com/

ちなみに現在、スターバックスの1号店として有名なショップは、厳密には4号店になるという驚きの事実も! 本来の1号店は、同じ通りの数ブロック先にあったという。しかし、その1号店は入っていたビルの取り壊しとともにクローズし、郊外に2号店と3号店ができたのちに、今の場所に再び店をオープンしたのだ。その際にスターバックスはこの店をオフィシャルの1号店と定め、現在に至っている。とはいえ、やはりここは「スタバの聖地」。昔ながらの店構えや、ここだけのロゴマークが入ったグッズをお目当てに訪れたい。

Starbucks 1st & Pike
1912 Pike Pl, Seattle, WA 98101
TEL:206-448-8762
https://www.starbucks.com/

パイクプレイス・マーケットに近く、ダウンタウンでのショッピングやビジネスにも便利な立地にあるのが、「ザ フェアモント オリンピックホテル」だ。1924年に建造されたイタリアンスタイルの建物は国家歴史登録財に指定されており、街中でひと際目をひく風格が漂っている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉2016年に全面リノベーションされた客室のカラーテーマは「オーシャン」。シアトルと海との結びつきの強さがこんなところにも。〈右〉メインダイニングの「ザ ジョージアン」は、シアトルでは珍しいトラディショナルなアフタヌーンティーが人気。

今回宿泊した「シグネチャー・エグゼクティブ・スイート」は、リビングとベッドルームが分かれていて、座面が広いソファとライティングデスクが使いやすい動線上に配置されている。ゆったりとリラックスできるのはもちろん、場所によってスムーズに気持ちを切り替えられるせいか、仕事がはかどった。
朝食はメインダイニングの「ザ ジョージアン」で。コンチネンタル・ブッフェの種類豊富なフレッシュフルーツや濃厚なヨーグルトもヘルシーで素敵だが、朝からしっかり食べられる人には「シェフズ・クリエーション」の贅沢な一品料理を堪能してほしい。

Fairmont Olympic Hotel
411 University St., Seattle, WA 98101
TEL:206-621-1700
https://www.fairmont.jp/seattle/

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
Seattle_400

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02