アメリカ・ワシントン州最大の都市、シアトル。どんな街なのかと問われると、イメージするのは「IT産業」「コーヒー」「マリナーズ」という人が多いのでは? しかし、実際に訪れてみれば、それ以外にも魅力的なキーワードが。この機会にぜひ知ってほしい5つのトピックスを、おすすめスポットとともに紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]
1. 実は、オーガニック&サステイナブル先進都市

海産物が豊富なピュージェット湾やエリオット湾、ワシントン湖をはじめとする大小さまざまの湖があり、周辺には森も多いシアトル。自然保全に対する意識がとても高く、その源である海や川の「水」を守るための取り組みが早くから行われてきたという。その象徴のひとつが「サーモン」で、サーモン・フレンドリーな街として、環境に影響を及ぼす農薬を使用しない農法など、オーガニックでサステイナブルな食品や製品の生産が推進されている。
提携のオーガニックファームから野菜を仕入れていたり、自分たちの農園があるというレストランも多く、またカフェでもオーガニックコーヒーを扱っているところが多い。
そんなシアトルのスピリットを身近に感じられるのが、「ピーシーシー・コミュニティ・マーケッツ」、通称PCCだ。1953年に創業し、現在ではシアトル全域に12店舗を展開しているPCCは、全米最大の協同組合形式の自然食品店として知られている。扱うものへの基準は厳正で、生鮮食品はもちろん、加工食品やサプリメント、ボディケアアイテムにも高い安全性や持続性が求められている。
今回立ち寄ったのは、ダウンタウンから北へ約5キロのフリーモントにあるPCC。店内にはオーガニック認定マークがついた商品がめじろ押しで、棚にずらりと並んだお菓子類やオーガニックコスメを、お土産にと物色するのが楽しかった。また、おいしそうなデリも種類豊富に扱われているので、好きなものを少しずつ買い求めて、店の外にあるテーブル席や近くの公園でランチにするのもよさそうだ。

PCC Community Markets
600 North 34th St., Seattle WA 98103
TEL:206-632-6811
https://www.pccmarkets.com/stores/fremont/