エリック:シャンパーニュ地方の土壌の中で、砂っぽいのはマルヌの土壌でムニエ向き。ピノ・ノワールはライムストーン、シャルドネはチョーク質の土壌が適しています。

明日香:ここの畑は土が白っぽく見えますが、シャルドネということですか?

エリック:そうです。よくおわかりですね! パリを中心にシャンパーニュ地方までもを含む、コート・ド・イル・ド・フランスは気の遠くなるような年月をかけて、土壌が地下深くから隆起してきたこともあり、いろんな地層のある斜面ができあがったんです。

[画像のクリックで拡大表示]
エリックさんは、冗談をまじえながらのお話が止まらない気さくな方。

明日香:そうなんですね。今年の天候などは、今のところいかがですか?

エリック:このあたりは先週とても寒くて、一部のブドウ樹が凍ってしまったんです。一度凍ってしまったら、その根や枝は切らねばならず、大変でした。

明日香:ほんとうに毎日、様子が変わりますね。

エリック:まだ小さかった頃の自分の子どもたちと一緒で、目が離せませんよ(笑)。実がつきすぎて、ひとつの樹に10房以上なるとブドウの質が落ちてくるので、ブドウの房を剪定(せんてい)します。通常は6~7人で作業していますが、夏は特に注意が必要なので、最大8人ほどで畑仕事をやっています。収穫のときは若い人がたくさんやってきて、作業してくれます。テンポよく、楽しく作業できるように音楽を聴きながら仕事をします。モーツァルトとかではないですよ(笑)。

明日香:(笑)。収穫の様子まで、畑仕事もいろいろと興味深いですね!

(後編に続く)

杉山明日香
理論物理学博士。ワイン研究家。唎酒師(ききざけし)。
有名予備校で数学講師を務める傍ら、ワインスクール「ASUKA L’ecole du Vin」にてソムリエ資格試験対策講座を主宰。東京・西麻布のワインバー「GOBLIN」、パリの和食店「ENYAA Saké & Champagne」を経営するほか、ワインと日本酒の輸出入業も。東京とパリを2週間ごとに行き来する多忙な日々。著書に『ワインの授業 フランス編』『ワインの授業 イタリア編』『受験のプロに教わるソムリエ試験対策講座』など。

Photos:Yuji Ono Text:Asuka Sugiyama Editor:Kaori Shimura

関連記事

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.10 ジャクソン〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.10 ジャクソン〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.9 ド・スーザ・エ・フィス〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.9 ド・スーザ・エ・フィス〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.8 アンドレ・ロベール〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.8 アンドレ・ロベール〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.7 ユリス・コラン〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.7 ユリス・コラン〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.6 ラルマンディエ・ベルニエ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.6 ラルマンディエ・ベルニエ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.5 エグリ・ウーリエ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.5 エグリ・ウーリエ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.4 フランソワーズ・ベデル〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.4 フランソワーズ・ベデル〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.3 ぺルネ・エ・ぺルネ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.3 ぺルネ・エ・ぺルネ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.2 ルプルー・プネ〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.2 ルプルー・プネ〈前編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.1 ドメーヌ・ジャック・セロス〈後編〉

杉山明日香のシャンパーニュ紀行 Vol.1 ドメーヌ・ジャック・セロス〈前編〉

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
400

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02