Q
・化粧直しアイテムは何を使っていますか?

A. 麻生 綾

[画像のクリックで拡大表示]

とりあえず「ポーチの中身」、ご覧いただきましょうか。
ポール&ジョー ボーテのポーチは昔っから使い勝手がよく大ファン。実に収納力に優れています。なんたって、プレストパウダー2種(UVカット効果&メイク効果のあるもの)、アイライナー、この季節はUVカット効果もあるリップケア(ジル)、目もとの乾きにチョチョイとツヤ出しもできるRMKのインスタント トリートメントスティック、マヌカハニーののどスプレー、ukaのネイルオイル、ハンドクリーム、コンタクトの予備ほか常備薬、“女の嗜(たしな)み”フェミニンコットンシート、吸収阻害サプリ2種、リステリンのタブレット、グタール ローズポンポンのミニアトマイザー、ヘアゴム、そしてUSBまでが入ってしまうのですから。

[画像のクリックで拡大表示]

A. 米川瑞穂

先日、カージュラジャで指摘されて以来(参考記事:東洋医学にもとづく手技で肩・背中のコリを解消! 「カージュラジャ」で後ろ姿美人に)、荷物の軽量化に取り組んでいる私。よく考えると結局、外出先でゆっくりお化粧直しをする時間もないし……。なので朝のメイクは、とにかく崩れにくさを重視!

まずファンデーションは、つけ心地が快適で持ちもいい、ゲランのレソンシエルを。アイブロウはカバーマークをW使いして、眉尻が消えるのを防ぎます(特に液状アイブロウのリアルフィニッシュ ラスティング アイブロウは眉が薄い人におすすめ!)。マスカラはベースとセットでスックを使い、トゥーマッチにならないバランスで目もとの印象をアップ。今シーズンはチークは薄めにし、リップとアイシャドウは服に合わせて日替わりで楽しんでいます(今、特に活躍しているのはアディクションのアイシャドウと、サンローランのリップ)。

だから化粧直し用に持ち運ぶポーチには、ポール & ジョー ボーテのパウダーと、B.Aのリップクリーム、RMKの保湿スティック、その日のルージュとフレグランス(一番使うのはゲランのフォール フラワーズ←限定品のため販売終了。アトマイザーは台湾で買ったもの)くらいしか入れず、ミニマム化しています。

Q
・これからのトレンドは?
[画像のクリックで拡大表示]

A. 麻生 綾

秋の新色の発表会、ようやく一段落しましたが、「先取り」で気になるのはやはり渋い赤、レーズン、ワイン。底に澱が溜まっていそうなフルボディ系ですね。私の中のダークレッドのブームは、いったいいつ終わるのでしょう……。








[画像のクリックで拡大表示]

A. 米川瑞穂

注目トレンドは、私も渋めの赤! ボルドー系に加え、ブラウンがかった赤茶のリップに夢中です。目もとにも赤みをきかせ、チークやネイルはブラウン系でシックにまとめて、秋にむけていつもよりエレガントなメイクを楽しみたいと思います。
※写真のシャネル、ジバンシイ、SUQQU、YSLの製品はすべて8月発売予定。

Text:Aya Aso、Mizuho Yonekawa

関連記事

WOMAN EXPO TOKYO 2019でビューティセミナー「美容編集者のコスメ放談 VOL.8」を開催
WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winterでビューティセミナー「美容編集者のコスメ放談 VOL.6、VOL.7」を開催
ビューティセミナー「美容編集者のコスメ放談 VOL.4 私たちのハマりもの10連発!」を開催
ビューティセミナー「美容編集者のコスメ放談 ~2017ビューティ事件簿~大ヒットコスメの秘密、教えます」を開催
福岡でビューティセミナー「美容編集者のコスメ放談Ⅱ 私のとっておきコスメ、教えます!」を開催