2020年4月27日に開業した「メズム東京、オートグラフ コレクション」は、東京の“今”に根ざした、遊び心あふれるラグジュアリーホテル。ゲストの五感を刺激する楽しい仕掛けが、館内のあちらこちらに施されている。今回は「おこもりステイ」にぴったりの、プライベートプランを体験レポート。

唯一無二の個性をもつ、新しいラグジュアリーホテル

[画像のクリックで拡大表示]
16階に位置するロビー。

 ウィズコロナ時代のホテル活用術として、これからますます人気が高まるであろう「おこもりステイ」。サービスの充実度などに加え、ゲストルーム内でいかに快適に過ごせるかも、ホテル選びの大きなポイントとなりそうだ。

 そういった点でも注目したいのが、4月27日に開業したラグジュアリーホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」。JR浜松町駅から徒歩6分、竹芝エリアに新たに誕生した複合施設「ウォーターズ竹芝」のタワー棟高層階に位置し、浜離宮恩賜庭園と運河を見下ろす絶好のロケーションに恵まれている。

 実はこのホテル、「東京ステーションホテル」などを運営するJR東日本グループの日本ホテルが、マリオット・インターナショナルと初提携し、オープンしたもの。ホテル名に含まれる「オートグラフ コレクション」はマリオットのホテルブランドのひとつで、それぞれのホテルの個性やビジョンを尊重することがコンセプトとなっている。つまりメズム東京も、世界中にあるどのホテルとも異なる、唯一無二の新しいラグジュアリーホテルなのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
1階のエントランスからエレベーターへと向かうピロティには、スタイリッシュなアート作品が。新しいものを想起させるリンゴがモチーフ。

 コンセプトは“TOKYO WAVES”。変化し続ける東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開し、ゲストの五感を魅了することを目指している。遊び心あふれる仕掛けがちりばめられていて、例えば、客室には全室にデジタルピアノを完備し、コーヒーメーカーはあえてハンドドリップ式を備えるなど、「おこもり」が楽しくなりそうな要素も。宿泊プランは通常プランのほか、部屋でのチェックインにはじまり、夕食や朝食をインルームで楽しむことが可能なプライベートプラン「ザ・プライベート」もあるということで、今回はそちらを利用しながら「おこもりステイ」を体験させていただくことに。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉ロビーには人の動きに合わせて反応するデジタルアートなど、特注のアート作品があちらこちらに配されている。〈中央〉湾岸エリアやスカイツリーなど、東京のパノラマが広がる。〈右〉ホテルタレント(=スタッフ)の制服はヨウジヤマモト社のY's BANG ON!のオリジナルデザイン。思い思いに着こなすスタイルが新鮮。

 まずは、1階のエントランスからエレベーターで16階へ。少し歩いた先に広がるロビーは、メズム東京のイメージカラー「ミッドナイトブルー」で彩られた、モダンで開放的な空間。ホテルタレント(メズム東京ではスタッフを「ゲストを魅了するタレント」ととらえ、こう呼んでいる)と目が合うと、皆、左胸に手を当てる独特のポーズで「こんにちは」「ようこそ」と温かく出迎えてくれ、なんだかテーマパークを訪れたかのような、ちょっとしたワクワクを感じる。