この道19年のすし職人が満を持して独立開業

[画像のクリックで拡大表示]
「鮨 将司」店主の山口将司氏。1981年、東京都生まれ。六本木のザ・リッツ・カールトン東京「ひのきざか」のすしカウンターで腕を振るった後、南青山「鮨 ます田」へ。フォーシーズンズホテル京都「鮨 和魂」、ザ・ペニンシュラ東京「鮨 和魂」の立ち上げを行う。

 店主の山口さんは、この道19年。地元中野にあるすし店で基礎を学ぶと、六本木のザ・リッツ・カールトン東京「ひのきざか」内のすしカウンターで腕を振るう。その後、南青山「鮨 ます田」に入店。「すきやばし 次郎」の小野二郎さんの技を受け継ぐ、増田 励さんから技術を学ぶ。京都と東京の「鮨 和魂」を立ち上げた後、自身の店を構える夢を叶えた。

「握りはオーソドックスな江戸前のスタイルですが、そのなかでも『鮨 将司』らしさを表現していきたいと考えています」と山口さん。今回紹介しているアラのしゃぶしゃぶも珍しい逸品だ。さらに、和歌山県と三重県にまたがる熊野地方の郷土料理である、高菜の葉で酢飯を包んだ「めはりずし」も独自のアレンジを加え、トロやウニを使って提供する。

[画像のクリックで拡大表示]
凛とした雰囲気が漂うカウンターは9席。現在は、間隔を空けて座れるよう予約を受けている。ほかに、4名まで利用できる個室も1部屋備える。

 外苑前駅からすぐの便利な立地で、店内に入ると、奈良の檜(ひのき)で作られた一直線のカウンターが目に飛び込んでくる。緩やかにカーブしている真っ白な壁は、山口さんがサーフィン好きなことから、波に見立てたというデザイナーによる遊び心。伝統と革新を感じることができる新たな名店、ぜひいち早く訪れてみてはいかがだろうか。

鮨 将司
住所:東京都港区北青山2-12-27 デコール青山5F
TEL:03-6384-5526
営業時間:12:00~13:30、一部17:30~/二部20:00~
定休日:不定休
※価格はすべて税別・サービス料なし

Photos:sono(bean) Text:Yui Togawa Edit:Mizuho Yonekawa

バックナンバー

【美食最前線 Vol.16】2020年上期の注目レストランは、熟練料理人が新境地を見せた2店

【美食最前線 Vol.15】夏のギフトに! 涼を届ける、大人好みのアイスクリーム

【美食最前線 Vol.14】自宅で過ごす時間を優雅に演出! お取り寄せドリンク5選

【美食最前線 Vol.13】自宅で心はずむ極上の味わいを! 名品お取り寄せグルメ5選

【美食最前線 Vol.12】通常メニューよりも魅力的!? 有名レストランのヴィーガンコース

【美食最前線 Vol.11】あの名フレンチのスーシェフが独立! 魅惑の味とコンセプトとは

【美食最前線 Vol.10】スペシャリテのレシピも公開! 世界的に有名なレストランの極意が学べる料理教室

【美食最前線 Vol.9】新しい年のスタートに訪れたい、装いも新たに誕生した名ホテルのフランス料理2店

【美食最前線 Vol.8】日本初上陸! インド料理 とスペイン料理の名店をいち早くチェック

【美食最前線 Vol.7】「おひとり様」でも気兼ねなく カウンターで寛げるレストラン

【美食最前線 Vol.6】スターシェフが期間限定で腕を振るう! 新スタイルが話題の2店

【美食最前線 Vol.5】「蕎麦前」と「冷かけ」で憩う、残暑をしのぐに最適な風情漂う2店

【【美食最前線 Vol.4】極上ステーキを堪能! 併設のバーで季節のカクテルも楽しめる、とっておきの2軒

【美食最前線 Vol.3】都心からわずか1時間! 紫陽花が咲き誇る鎌倉で、予約すべき2軒

【美食最前線 Vol.2】過去最多の12軒がランクイン! 2019年度「アジアベストレストラン50」で快挙を遂げた、ふたりのシェフに迫る

【美食最前線 Vol.1】すしの名店がラグジュアリーホテルに続々オープン! 東京の絶景とともに名人の技を堪能