羽根細工の名門アトリエ、ルマリエによるフェザーで構成されたボーダーミニドレスを躍動感たっぷりに着こなして。伸びやかな美脚をより一層際立たせるストラス煌めくタイツもアクセント。ドレス¥8,280,000 ブレスレット¥142,000 タイツ¥81,000 シューズ(ヒール9cm)¥253,000/すべてシャネル
[画像のクリックで拡大表示]
ざっくりとしたケーブル編みが、フィッシャーマンを想起させるニットドレス。キャスケットを目深にかぶり、気分はちょっぴりボーイッシュに。ニットドレス¥387,000 キャスケット¥123,000 キャスケットにつけたブローチ¥73,000/すべてシャネル
[画像のクリックで拡大表示]
Ryoko Yonekura
1975年生まれ、神奈川県出身。1993年にモデルとしてデビュー。2000年より女優として活動。ドラマ、映画、舞台、CMなどでおなじみだが、2012年からはミュージカルの本場、アメリカ・ブロードウェイで『CHICAGO』の主演を果たすなど、活躍の幅をグローバルに広げている。

Photo: Akinori Ito (aosora) Model: Ryoko Yonekura Hair: KENICHI for sense of humour (eight peace) Make-up: Tomohiro Muramatsu (Sekikawa Office) Styling: Mariko Enami Text: Maiko Hamano Fashion Director: Kaori Takagiwa


SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
TOP-2

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02