「カナコは心の中に空洞を抱えているようなところがあるのですが、それは今の若い子たちに共通する問題だと思っていて。SNSのフォロワー数やいいね!の数など、なんでも数値化されるし、情報として可視化されて他人と比較されやすい。私が若い頃よりも大変だろうなと思うことも多々あります。ネットで検索すればすぐに答えが見つかったような気になれちゃいますし、自分で考える前にある程度の正解にたどり着けてしまう時代でもある。そうすると、どうしても思考が停止してしまうところがあると思うんです。

 でも、自分の中の空っぽな部分と闘いながら、ちゃんと自分の頭で考えて決断して、強く生きてほしいという思いがずっとあって。そういう、私が下の世代の“妹たち”に伝えたいメッセージや生きていくうえでのヒントを、ボンベロがカナコに言うセリフや、カナコが成長する姿に込めています」

 二人を取り巻くスピーディかつ濃密なストーリー展開を彩るのが、極彩色の舞台美術の数々。食堂の装飾美術を横尾忠則さん、物語のキーとなるウォッカボトルの制作を名和晃平さん、フードクリエイションを諏訪綾子さん、フラワーデコレーションを東信さんという各界のトップクリエイターが手がけたことにより、「圧倒的な密度をもつ画が完成しました」と蜷川さん。

「全体を通してアクションやサスペンスなど、いろいろな要素がありますし、入り口の広いエンタメ作品ではありますが、見終わったあとに“妹たち”の背中を優しく押してあげられたらいいなと思ってつくりました。ビジュアルの派手さだけではなく、そういったことを少しでも感じていただけたらとてもうれしいです」

Profile
 
蜷川実花
写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか受賞多数。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)のほか、映像作品も多数手がける。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。https://mikaninagawa.com/


作品情報
映画『Diner ダイナー』
監督/蜷川実花
出演/藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二
7月5日(金)より全国公開中
配給/ワーナー・ブラザース映画
©2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

Edit & Text:Kaori Shimura