ミシュランスターや話題の味 台湾のグルメ巡りをホテル内で

マンダリン オリエンタル 台北には3つのレストランがあり、すべて世界的に有名な建築デザイナー、トニー・チーがデザイン。オリジナリティあふれるモダンな空間の中で、台湾を代表するグルメを楽しむことができる。

Ya Ge

[画像のクリックで拡大表示]

まず『ミシュランガイド』で2年連続で1つ星の評価を得た、メインダイニングの「Ya Ge(ヤ グ)」では、エレガントな広東料理が楽しめる。台湾ではテレビ出演も多いという有名シェフの謝 文(セイ マン)さんが、地元産の新鮮な食材を使い、広東の伝統的な料理法を駆使した絶品料理を提供している。人気店なので早めの予約がおすすめだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉プリプリの食感が楽しめる海老餃子と、まろやかなフォアグラを香ばしいタロイモの衣で揚げた前菜はともに絶品!〈中〉Ph9のお湯でじっくり煮出したという烏骨鶏(うこっけい)のスープはそのまま味わった後、2種の塩を入れて変化を楽しむ。体に染み渡るような深い味わいは感動するほど。〈右〉台湾産のカラスミと、蜂蜜風味の叉焼(チャーシュー)、そしてウニと卵のサクサク揚げ。「ウニは生が一番おいしい」という思い込みが覆された、驚きの味わい。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉このメニューのためにつくられたというシルバーの器を開けると、蟹のオーブン焼きが。〈中〉竹炭が入った黒い饅頭の中には、とろとろのカスタード。スウィーツの美味しさも格別。〈右〉ミシュランスターシェフとは思えないほど気さくな人柄のセイ マン シェフと市場へ。「上引水産(Addiction Aquatic Development)は、一般の人も入れるおしゃれな市場で、その場で新鮮な魚料理が楽しめるため、地元の人たちで賑わっていた。日本から輸入されてきた活魚や蟹の種類も豊富で、シェフ自ら足を運び、旬の食材を選んでいるそう。

Bencotto

[画像のクリックで拡大表示]

「Bencotto(ベンコット)」は、オープンキッチンの活気が伝わるイタリアンレストラン。2018年9月にイアコポ フラジ シェフが着任し、10月に新しいメニューに切り替えるや、早くも年末に発表された「ガンバルロッソ」でファインダイニングに選ばれたという、今、台湾で注目のレストランだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉オーストラリア産仔牛肉のローストは、イタリア産キャビアと卵黄、その下に隠された生牡蠣とともに味わう。〈中〉自家製トリュフバターが香るタリオリーニに、トリュフをたっぷりのせて。〈右〉目の前でトリュフを削ってくれるフラッシ シェフ。隠し味に日本の柚子(ゆず)を使うなど、繊細で美しいメニューを生み出している。