ワインスタイリストの藤崎聡子さんが、暑い夏にぴったりなシャンパンの楽しみ方を指南してくれる短期連載企画。第2回は、飲み残したシャンパンの活用方法としてもおすすめの、ひと工夫で違った味わいが楽しめるカクテルを紹介していただいた。

[画像のクリックで拡大表示]

フルーツシャンパン

 ブドウの果実から造られるシャンパンには、ほかの果実とも相性がいいものが多い。そこでおすすめしたいのが、ひと口大にカットした数種類のフルーツと合わせるスタイル。シャンパンにはフルーツの甘さや酸味がプラスされ、フルーツにはシャンパンの豊潤な味わいが加わるという相乗効果が楽しめる。使用したシャンパンは、「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」。甘さを強調した仕上がりなので、フルーツの甘みを上品に引き立ててくれるのだ。作り方のコツは、シャンパンを2回に分けてゆっくりと注ぐこと。一気に注ぐと勢いよく泡が立って、あふれてしまうことがあるので要注意!

材料
ラズベリー、ブルーベリー、白桃、ミカン、オレンジ、マスカット、ミントの葉(各適量)
「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」(適量)
[画像のクリックで拡大表示]

editor's voice
 シャンパンを使った、大人のフルーツポンチという感じ。シャンパンがしみわたることで、フルーツが高級デザートの味わいに変身しました! 見た目にも華やかなので、ホームパーティや女子会シーンにぴったりではないでしょうか。甘さ控えめの缶詰を使ってもOKなので、ものぐさな私はぜひ活用したいと思います。